無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21

「お、来た」









ほんとに家の前に出てきてくれてるユンギ









なんだ、少し可愛く見えるじゃねーか









『あんた、彼女さんは大丈夫なの?』









「あー、うん
別れたから大丈夫」









『賭けは私の勝ちだね』









昨日までデートしてラブラブしてるかのように見えてたのに…









女の気は変わりやすいね~









「今回は俺が振った」









『え、嘘だ』









いつもはユンギが振られて私に泣きついてくるのに←









「いま失礼なこと考えただろ」









『そんな事ないよ?ほら早くやってくれ
私は動かないから好きにして~』









私に抱きついて首筋にキスを落としていく









そうそう、私がなんでユンギとのHのために頑張るかと言うと…









.









.









「ほら、さっさと股開け」









ユンギは超がつくほどのドSなんです…♡









『ふぁい…♡』









つまり、私の趣味にどストライクなんですね









ユンギとのHは100点満点です

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る