無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

28
時間を戻して、2年前?
俺とヨハが出会った時の話。
「ユンギさん…はじめまして」









『ん、あぁ』









大学が一緒だったってのもあって共通の友人から紹介された









その友人はその時は俺の恋人だったんだけど







「ヨハは私の親友だから、ユンギくんもいい顔してよ!!」
彼女に耳打ちで言われて、適当に返事したのを覚えてる









「あは、気にしないでいいよw
親友の彼氏がどんな人か知りたかっただけだからさ」









そう言うと白い歯を見せて笑ってた









「も~!あ、私飲み物持ってくるね!」







そう言って部屋から出ていって俺とヨハが二人きりになった
「ユンギさんはあの子のこと好きですか?」









あの子とは俺の彼女のこと









初対面の人間に何を聞いてるんだ









そう思ったんだけど、









その時はまぁ、冷めてたんだ









『んー、まぁまぁ』

適当な返事をすると、嬉しそうに笑うヨハ

「ユンギさん、もし魔が差したら
私に連絡してくださいね」









そう言うと電話番号を渡された









その時俺は、"親友の彼氏に手を出す女なんか"って思ったんだけど









そんな女をその日のうちに抱いていた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る