無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

33
ーTH sideー






せっかくヨハに逢いに来たのに
「今電話したんだけど、ヨハなんか帰って来れないみたいだから俺が相手しろだって」
『え!ナムヒョンとはH出来ないです!!!』←









「ばか、俺だってお前なんか抱けないわw」









あ、そっか






『ヨハはどこにいるんです?』
「さー?いつもどっか行ってるし
しばらくしたら帰ってくるんじゃない?」









そう言って携帯をいじり始めるナムヒョン









『ひょんんんんんん!!!
僕と遊んでくださいいいいい!!!』


ヨハに会えなかったのもあって人に甘えたい気分
ナムヒョンに思いっきり抱きついた









「なんだよ、テヒョナ
女か?紹介するぞ?」






『僕、ヨハじゃないと嫌です』
この兄妹は…!









2人して貞操概念ユルユルなのか!









「テヒョナ…
自分の妹のことを悪く言うのもなんだが、あいつはやめとけ」
『僕もよっぽど分かってますよ!
ヨハって鈍感だし、するの大好きだから見境ないじゃないですか!』
「テヒョナ、落ち着け
飲み行こうか」









今夜はナムヒョンに僕のことを慰めてもらった






ヨハはいい兄さんをもってるな
すっかり飲んだくれて今日はナムヒョンに介抱してもらった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る