無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4

「じゃあ、俺出るから
また連絡したらよろしく」









『あいよー、ほかの予定無かったらすぐ行くわ』









まだベットの上に寝転がりながら手を振る









部屋を出るのに、こっちを見向きもしない









もう抱かれてやらないぞ?









さて、おふざけはやめてそろそろ私も着替えるか









ダボダボのパーカーを下着の上からばっと着てジーパンを履く









『うげぇ、なんだあいつキスマ付けすぎたろ』









鏡を見ると大量のキスマーク









あいつ、私の事オ〇ホールだと思ってるだろ←









ま、いいんだけど←←









普通にあいつの事だからそういう趣味なんだろうし(?)









『あー、まじユンギって都合いいわぁ…』









あいつH上手いし、顔もいいし竿も上々なんだよなぁ…









まぁ、ユンギは彼女が大好きだから頻度は少ないけど









まぁ、そこは私のそういうお友達はユンギ1人じゃないから大丈夫









"ピコンッ"









ほら、噂をすればってやつだよ


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る