無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8
起きたらそこにはジョングクはいません









ちくしょう、やっぱり寂しいぞ←









ヤりたいだけだからね?









朝までいる必要はないんだけど、やっぱり寂しい









『こんどするときは塩対応で行こう…』









なんて、小さな抵抗を思いつくのだった。←









さて、今日は誰とも予定がないからな…









『映画見に行こうかなぁ…?』









まだ重い腰を引きずってベットから出る









ニートなのに映画なんて贅沢だなぁ!!









てか、2日連続で家帰ってないな…









ちなみに、私は兄貴と二人暮らししてるんです









私が遊び激しいのは知ってるし、ニートでも何も言わないし









呆れてるのか、心配のメールすら来ない









最初は兄貴も嫌がってたけど、兄貴は昼間仕事だし私は夜には遊びに出かけるし









特に問題は無くなって、今は不自由無く暮らしてます









あ、兄貴とはそういう事()はしてないですよ?←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る