無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
ほんの、3時間前に遊びを辞めるとか何とか言ってた女の現在状況報告









ホソクくんに跨って腰振ってます←









ホソクくんもノリノリで助かるね









「そろそろ、出そう…っ」









眉間にしわ寄せると中にあったかい感覚。









『うひゃー、ごちそうさまです♡』









そう言って行為終了。









ホソクくんとのHはアフターケアーが素晴らしいね









お風呂楽しすぎ(え?)






「僕、ヨハさんはユンギヒョンが好きなのかと思いましたよ」
なんて、ベットの上で言われるんです









『いや、あいつは無いね~w』









体の相性は100点満点なんですけど









あいつは態度がデカすぎるんだよ









デカイのはち〇こだけにしとけよ(死ね)









『私はくそビッチなんで、ユンギさんは私の事相手にしませんよ
あの人、自分に一途なやつが好きじゃん?』









同意を求めたくてホソクくんにそう聞くと









「僕も、僕だけを見てて欲しいな」









なんて言ってるから、ダメだユンギの悪口言えねぇ←









『まぁ、またしたくなったら電話でもしてよ』









ってカトク交換して今日はホテルにはお泊まりしません









兄貴がさすがにメール送ってきてくれたから帰らなきゃ…









文面は"「お前のパンツ洗濯してたらカラスに取られたよ」"だけど←






「ヨハさん~!来週はデートとかしましょ~!!」
そう言って私を抱きしめてキスしてくれるホソクくん









『デートよりホテルでゴロゴロしてたいよー』←









なんて私は恥じらいのない女なんだ









「それもいいですね~!」









ホソクくんだいすき来週はこれ決定ね←←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る