無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

29

「やっぱり、ユンギさんは私と同じ匂いがしましたもん」






そう言ってベットの上で笑ってるヨハ。
なんでこんなことになったんだっけ









ちょっとムラついてたのに彼女に断られたからか









冷めてたってのもあるのかな









『お前性格悪いな
俺、お前の親友の彼氏だぞ』









自分が悪いってのも分かってるけど、人間ってのは人のせいにしたくなる生き物で








誘ったのは俺なのに、誘いに乗ったヨハが悪いみたいな言い方をした
それなのに、ヨハは嫌な顔一つせず
「ユンギさんとのH出来て良かったので
次も楽しみにしてます…w」









予想してなかった返答に、何だか浮気したことが馬鹿らしくなってきて









「あ、私はユンギさんのことなんとも思ってないですからね!
Hだけしたい関係でいましょ!」









それから2年近く関係を続けている









その2年の間も、俺には大好きだった彼女がいて




ヨハの他の女も抱いてたし
好きだなんて、思ったことも無いんだけど
この間の、ホソクがヨハに話しかけてたのを見た時
何だか自分のものを取られてる気がして、気分が悪かった









次の日も、同じ会社の後輩のテヒョンと一緒に歩いてて





その時にヨハが好きだって気付いた
ほかの女とデートしても楽しくなくて
ヨハに会いたいって思ったんだ
その日のうちに彼女に別れを告げて
ヨハのことを考えながら抜いた。
気分がよかった←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る