無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7

「あ"ーヌナ、良すぎぃー」








そう言って私に覆いかぶさってくるジョングク









いやー、重いなぁ!筋肉だいすき!









『ジョングクもほんとに、何発出るんだよ…』









って言ったらまた雰囲気が何とかって言われた









「てか、ヌナまた手首…」









『あー、ほっといてくれよぉ』









手首を握りしめてくるジョングク









心配されるためにやってるんじゃないよ









『疲れたから寝かせてよ…』






「んー!僕はヌナのことを心配してるんですよ!?」
『でも、私の事はぁ~?』









「恋愛対象じゃなぁ~い!」









「『いえーい!』」









2人でハイタッチする









お互い目的だけバッチリ合ってるからほんとに気を使わなくて楽でよろしい









顔も良くて、Hも出来て…









マジ最高だよ









ユンギと、ジョングクと、テヒョンはまじで最高だからね~!!









ゴロゴロしてスマホいじってると、ピコンッとまた通知が








🐯
ヌナ、絶対いまほかの男に抱かれてる
うわ、怖!









4次元テヒョンからのメールだわ




ヨハ
なんで分かったんだよw今日はジョングクだよん!



後ろではジョングクが私の事を抱き枕にしながら寝てる
🐯
ずるい!明後日僕とも会ってよ!!





ヨハ
いいよー!明後日ね!空けとくよ!
くそぉ、私の腰が死ぬかもしれない…!









けれども!









キム・テヒョンは顔が素晴らしく素晴らしいんですよ!((









ジョングクが後ろから抱きしめる力が強くなった気がする









子供っぽいなぁ、なんて思いながら私も眠りについた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ヵゐ ら
ヵゐ ら
気まぐれに読んでくだしい 真心込めまっっす
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る