プリ小説

第6話

#










ジミンstory








俺は自分で言うのもなんだが




結構モテる




大抵な女子は俺が笑えば





目を♡にさせてこっちにくる




だけど





あなたは違った






🐣「 君,可愛いね。名前なんて言うの? 」




『 えっと...失礼します 』






この俺の顔さえ見ずに




隣を過ぎ去って行ったんだよ





なんてことだよ☜





🐣「 え、ちょっと待ってㅎㅎ 」




『 え、離してください 』








は?この俺に離してくださいだと?!




俺が変態みたいじゃないか☜









少し放心状態でいたら




まわりにその子はいなくて






慌てて探してたら





『 グガ! 』




🐰「 あなたヌナ! 」











知らない男と笑いあってる君を見つけた






🐣「 なんだよあれ... 」





今までだったら





女子はおもちゃみたいなもんだったのに








今は















そうはいかないみたいだ






















next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

た う ん .🐭 🌙
た う ん .🐭 🌙
안 녕 . 🐭🌙 は ー ち ゃ ん : 好 き フォロー整理中 相互は、仲のいい人,尊敬さん,ファンマ(🐭🌙アルム) を付けてくれてる人しかやってません!!すいません<(_ _)>
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る