無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

prolog
山村 あなた
へ、転勤?
えぇ。

ごめんね。
山村 あなた
…どこに?
大阪なの。
あなたも一緒に着いてきてほしいの。
山村 あなた
…今の友達と別れるの?
…ごめんね。
山村 あなた
あ、でね?

あなたには寮に入ってもらうわ。
山村 あなた
寮?
えぇ。夜遅くまで働きたいから。
でも大丈夫。

きっと仲良くできるわよ。









お母さんは。




お父さんがなくなってからずっと働いてる。




でも、いつも笑顔を絶やさない。




私も頑張らないといけない…よね。








山村 あなた
分かった。
ありがとう。

ありがとうね。
山村 あなた
うぅん。大丈夫。、