無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話
次の日



ころ💙
ころ💙
ふぅ〜、バイト終わり!!
今日ころ💙は決意した
さと💗くんを好きだという気持ちをなんとしてでも隠し通す事を

きっと、バレても付き合うことなんてできないことを分かっていたから。


ころ💙
ころ💙
よし!今日も普通に、平常心!!
そうするとスマホが鳴った
ころ💙
ころ💙
ん?誰だ、、さと💗くん、大丈夫ちょっと話すだけだと思うし、
ピッ

さと💗
さと💗
もしもし?
ころ💙
ころ💙
も、もしもし
さと💗
さと💗
ころ💙〜久しぶり!
ころ💙
ころ💙
あ、久しぶり
さと💗
さと💗
なぁなぁ今度買い物付き合ってくんね?
ころ💙
ころ💙
いいけどなんで?
さと💗
さと💗
彼女の誕生日プレゼント買いに行こうと思って!
ころ💙
ころ💙
あ、そうなんだ誕生日!僕からもおめでとうって伝えといて!
さと💗
さと💗
わかった!で行ける?
ころ💙
ころ💙
うん明日とかなんもないし暇だから
さと💗
さと💗
じゃあ明日12時家行くから
ころ💙
ころ💙
うん、わかったじゃあね
ピッ
ころ💙
ころ💙
はぁ〜久しぶりに2人で出かけられると思ったのに、
彼女のプレゼントかーい!
ころ💙
ころ💙
はぁ、そうだよね僕はただの幼馴染だしっ!
わかってるし、わかってるけど、、
ころ💙
ころ💙
羨ましいなぁ〜なんて!思ってますよーだ!!
ころ💙
ころ💙
とことん羨ましいやつだな〇〇〇〇ちゃん!
さとみくんに1番に想って貰えて!!
少しムキになりながら、家に帰った
〜次の日〜
ころ💙
ころ💙
あ〜全然眠れやしなかった
さと💗くんに会うってだけで、こんなに嬉しいのに今から出かけるんだよ!
、、やばいよね、ふふっ笑
ころ💙
ころ💙
あ〜やだなぁ僕ってば恋する乙女かよってな!‪w
まぁ、彼女のプレゼント買いに行くだけなんだけど...
ピンポーン

ころ💙
ころ💙
あ!きたきた!!
はーい!
さと💗
さと💗
よっ!おひさ!
ころ💙
ころ💙
久しぶり〜!
さと💗
さと💗
行くか!
ころ💙
ころ💙
うん!
〜モール〜
さと💗
さと💗
やっぱ、女の子にあげるプレゼントってアクセサリーがいいよな〜
ころ💙
ころ💙
(なんか、プレゼント選びしてるだけでも楽しそう...)
〜買い物終了〜
さと💗
さと💗
ころ💙!今日はありがと!
お礼になんか食べたいものない?
ころ💙
ころ💙
えっ!いいの?
さと💗
さと💗
もち😏
ころ💙
ころ💙
‪wえっとね、ハンバーグ食べたい!!
さと💗
さと💗
おけ!行くか!
ころ💙
ころ💙
うん!
〜ころ💙の家の近く〜
さと💗
さと💗
いやぁ〜今日はまじでありがと!
ころ💙
ころ💙
うん‪w全然大丈夫!
ころ💙
ころ💙
(今日色んな表情見れたけど、それも全部〇〇〇〇ちゃんを思ってる時の顔なんだよね...)
さと💗
さと💗
ころ💙?大丈夫?
そう言うとさと💗くんは僕の顔を覗いた
ころ💙
ころ💙
あっえっう、うん大丈夫!
ころ💙
ころ💙
(ちっか〜い////)
さと💗
さと💗
ころ💙?
ころ💙
ころ💙
だ、大丈夫///
さと💗
さと💗
顔赤いぞ?
ころ💙
ころ💙
あ〜いや〜ちょっと暑いからかな〜ハハ
さと💗
さと💗
そうか?
ころ💙
ころ💙
うん、じゃあもうここでいいよ!
ばいばいー!
さと💗
さと💗
あっちょっと、
まぁいいか、?
ガチャ バタン
ころ💙
ころ💙
ふぅ〜、あっぶねぇ〜
ころ💙
ころ💙
てかその顔で覗き込んでくんなよ!
イケメンすぎて顔に出るとこだったセーフ、
顔が熱くて真っ赤になりながら眠りについた。