第7話

悲しい約束
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
まぁこんなところかな。
パキラ
パキラ
はい!色々教えてくださってありがとうございます!
ツバキはパキラに悪魔殺滅団の事を詳しく教えた。悪魔の種類や階級のこと。それから悪魔の始まりなど。パキラは一生懸命メモを取りながら聞いた。
パキラ
パキラ
そういえば皆さんはどうして悪魔殺滅団に入ったんですか?
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
……………………。
与野路アズサ
与野路アズサ
……………………。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
……………………。
パキラがそういった途端周りの空気がおもくなった。
パキラ
パキラ
あの…。すみません僕何かまずいことしましたか?
白雲ツルギ
白雲ツルギ
人には聞いていいことと悪いことがある。
パキラ
パキラ
えっ…あ…すみません…………。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
まぁそんな怖い顔しないで。まだ分からなかったのよ。
与野路アズサ
与野路アズサ
そうだよ。そんなに責めないで…。
パキラ
パキラ
あ、あのっ分からなかったってどういうことですか?
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
悪魔殺滅団にいる人はだいたい家族や大切な人の仇を取るために入団した人たちなの。
白雲ツルギ
白雲ツルギ
もう想像がつくだろう。人には話したくない過去があるんだよ。
与野路アズサ
与野路アズサ
だからここで人の過去を探るのは礼儀知らずなの。
パキラ
パキラ
あ…そうなんですか…。ごめんなさい…。
これからは気をつけます。
羽衣ツバキ
羽衣ツバキ
分かればいいのよ。気にしないで。
さぁそろそろ部屋に戻りましょうか。
与野路アズサ
与野路アズサ
うん!また明日!
白雲ツルギ
白雲ツルギ
じゃあな
パキラ
パキラ
あっ…今日はありがとうございました!
その後三人はそれぞれの部屋に戻った。
パキラ
パキラ
えっと…僕の部屋はここか…。
パキラ
パキラ
ガチャ(ドアを開ける音)
団員の部屋は意外と広く、ベットと机が置かれている。ちなみにパキラは568号室だ。
パキラは部屋に入るとベランダに出た。
パキラ
パキラ
はぁ…姉さんやっと夢が叶ったよ。
僕…頑張るからね。
パキラは深いため息をついた。
与野路アズサ
与野路アズサ
頑張ってね。応援してる!
パキラ
パキラ
うん!ありがとう…ってわあっ!?
パキラが振り返るとそこには私服のアズサが立っていた。
与野路アズサ
与野路アズサ
もう…そんなに驚かないでよ〜!
パキラ
パキラ
いやいや…なんでアズサがここに…
与野路アズサ
与野路アズサ
ちょっと話したいことがあって
パキラ
パキラ
話したいこと…?
アズサはベランダの手すりに手を置いた。
与野路アズサ
与野路アズサ
うん。私とパキラって似てるなって…。
パキラ
パキラ
僕とアズサが…?
与野路アズサ
与野路アズサ
うん。君はお姉さんの仇を打ちたくて悪魔殺滅団に入ったんでしょ?私も同じなの。
パキラ
パキラ
えっ…アズサも…?
与野路アズサ
与野路アズサ
ちょっと長い話になるけどいい?
パキラ
パキラ
……。はい
パキラは急に空気が冷たくなった気がした。
与野路アズサ
与野路アズサ
あれは私が7歳の頃…
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
幼いアズサ
幼いアズサ
お姉ちゃん!二つ結びして〜!
アズサの姉
アズサの姉
いいわよ。
しんしんと雪が降り積もる日、アズサは今日も姉と二人で過ごしていた。
幼いアズサ
幼いアズサ
わあっ!ありがとう!やっぱりお姉ちゃんは上手〜!
アズサの姉
アズサの姉
そう?ありがとう。そうだ!明日一緒にお洋服見に行こうか。
幼いアズサ
幼いアズサ
え、いいの?やった〜!
どこにでもいる普通の姉妹。

そして次の日もいつも通り過ごす。


はずだった。
幼いアズサ
幼いアズサ
早く行こうよ〜!
アズサの姉
アズサの姉
そんなに急がなくても…
アズサの姉
アズサの姉
あっ…アズサ危ないっ!!!
「ドンッ!」
お姉ちゃんがアズサをつき飛ばした。
















幼いアズサ
幼いアズサ
え………?
アズサが我に返ると目の前には血を流して倒れる姉の姿があった。
幼いアズサ
幼いアズサ
おねぇちゃん…?
幼いアズサ
幼いアズサ
ねぇねぇ…起きてよ…?お洋服屋さん行こうよ?
アズサは姉のそばに駆け寄った。
アズサの姉
アズサの姉
あ、あずさ…にげて…
幼いアズサ
幼いアズサ
そんなこと出来ないっ!
アズサの姉
アズサの姉
だめよ…。にげるの…。
幼いアズサ
幼いアズサ
いやだいやだいやだいやだいやだ
アズサの姉
アズサの姉
………………………………。
アズサの姉
アズサの姉
あ、あずさ…一つだけ約束してくれる?
幼いアズサ
幼いアズサ
うっ、うんなあに?
アズサの姉
アズサの姉
かたきうち…してくれる?
幼いアズサ
幼いアズサ
かたきうち…?
アズサの姉
アズサの姉
そう。お姉ちゃんを殺した悪魔をアズサが殺すの。
幼いアズサ
幼いアズサ
…………。
分かった。いいよ。
アズサの姉
アズサの姉
ふふ…。ありがとう。

あともう一つ…
都民
都民
お姉ちゃんのこと忘れないでね?
幼いアズサ
幼いアズサ
…………………!!!
幼いアズサ
幼いアズサ
あ、当たり前じゃん!
アズサの姉
アズサの姉
そうね…。私もアズサのこと忘れないわ。
幼いアズサ
幼いアズサ
やだ…。いかないで
アズサの姉
アズサの姉
さよなら。ありがとう。
その後悪魔殺滅団の団員がアズサを救助した。








アズサの姉が意識を取り戻すことはなかった。





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
与野路アズサ
与野路アズサ
……………………ってことがあったの。
与野路アズサ
与野路アズサ
……………………………………?
えっ!なんでアンタが泣いてるの!?
パキラ
パキラ
いや、何か感動しちゃって…。
与野路アズサ
与野路アズサ
もう!メソメソしたの嫌いなの!
パキラ
パキラ
へへ…。すいません。
話してくれてありがとうございます!
僕も頑張ります…!
与野路アズサ
与野路アズサ
…………………ふふ。頑張ってね!
そんじゃ!
アズサは部屋を出ていった。
パキラ
パキラ
姉さん。辛いのは僕たちだけじゃないみたいだ。




-----続く-----




----------キリトリ✂----------
はちみつ🍯(作者)
はちみつ🍯(作者)
ふぅ〜疲れた〜!
今回は長めに書いてみました!
最後まで読んでくれてありがとう!
与野路アズサ
与野路アズサ
ありがとう!
はちみつ🍯(作者)
はちみつ🍯(作者)
いゃ〜アズサちゃんの悲しい過去…
しんみりしますね…。
与野路アズサ
与野路アズサ
自分で言うな。
はちみつ🍯(作者)
はちみつ🍯(作者)
また次回もお楽しみに!
フォロー、コメント、お気に入り登録、応援よろしくね〜♪
⭐拡散してね⭐←重要