無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

12
2021/06/19

第3話

記憶2
あなた

……お父さん

チカの父
……
父は私に無関心だった

いつも”仕事”と言って私に構ってくれることは無かった
挙句の果てには
チカの父
「仕事の邪魔だから部屋にでも行ってろ」
あなた

「…はい」

私をぞんざいに扱った


それでも私は父に関心を持って欲しかった
振り向いて欲しかった
ただ、それだけだったのに…