無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

14
2021/06/19

第5話

記憶4
中学校に上がった頃ぐらいから母は、何でもかんでも私のせいにするようになった
チカの母
「いっつもお酒ばっかり飲んで!
あんたの収入は少ないんだから、ちょっとは節約して頂戴!」
チカの父
「はあ?そもそもお前の管理が悪いからだろうが!!」
チカの母
「ちゃんと管理してるわよ!
でも、あの子にもお金がかかるんだから仕方がないでしょ!!」
チカの父
「もういい!お前と話してても埒が明かない!これからは俺が管理するからな」
そう言い父は通帳を持って自室に戻ってしまった
あなた

「お母さん…」

チカの母
「何よ!!うるっさいわね!!!」
あなた

「ごめんなさい…」

チカの母
「大体、あんたのせいでいっつも赤字なのよ!」
チカの母
「この親不孝者!!」
そうして母はそこにあった花瓶で私を殴りつけた
あなた

「あ、あぁああぁあ!!」

頭から血が流れている
あなた

(早く止血しないと…)

ここまで母にやられたのは初めてだった
あなた

「……」

あの時の母の顔を思い出す
胸が苦しい…

あんな母の怖い顔初めて見た

いつも私を叩いたりするような顔じゃ無かった

焦っているような、悲しそうな
そんな顔だった
あなた

「私のせい…?」