無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

第23話 からかわれるりょうくんパパ
てつやと子どもがしばらく入院している間、りょうたち残りのメンバーは動画撮影に勤しんでいた
てつやと子どもの入院期間はざっと一週間程度
その間のリーダーの不在期間でも、みんなは狼狽えることなく、色々な企画を持ち込んでは、撮影をしていた


りょう「......」
毎度の休憩時間、りょうは熱心に本を読んだり、スマホを弄くっていた
しばゆーとゆめまるは、りょうが何を熱心に読んでたりしているのか気になり、しばゆーがそっと、りょうに気づかれないように後ろから読んでる本を確認した
りょうはしばゆーがいるのに気づいていない
それだけ熱心に本を読んでいるのだろう
ゆめまるがしばゆーの報告を待っていると、急にしばゆーが吹き出した
ゆめまる「?しばゆー?」
不思議がったゆめまるは彼に声をかける
りょう「は?って、しばゆー!お前なんでいんだよ!?」
ゆめまるの言葉で、本から視線を上に上げたりょうが、後ろにいるしばゆーにやっと気づいて、ばっと読んでいた本を強引に閉じた
しばゆー「く、くくくっ」
口に手を添えて笑いを堪えているが、我慢の限界も近いようだ
りょう「しばゆーお前...」
りょうが顔を少しだけ赤くして、しばゆーを睨んだ
ゆめまる「ねぇしばゆー、りょうくん何の本読んでるの?」
気になっていたのはしばゆーだけではない、ゆめまるが笑っているしばゆーに話しかけた
焦るりょうがしばゆーに催促する
りょう「しばゆー言わなくていいからっ!ゆめまるも別に知らなくていいからっ!」
珍しい、あのりょうくんが焦ってる...とゆめまるは感じた
ついに限界が来たしばゆーはその場で大笑いした
しばゆー「はははははっ、りょうくん!はぁっ、熱心になに読んでるのかと、思ったらっ、育児本読んでたのかよ!!偉っ!!」
りょう「ちょっ、おまっ!!なんで言うんだよ!!」
ゆめまる「育児本?りょうくんが?」
意外すぎて、ゆめまるも一瞬固まるが、しばらく経ったあと吹き出した
ゆめまる「ははっ、りょうくん意外だなぁ、最近何読んでるのかと思ったけど、育児本とはww」
ゆめまるもその場で笑ってしまう
りょう「う、るさいなっ!別にいーだろ育児本読んだって!!初めてなんだからっ!!」
しばゆー「すげぇ優しい旦那さんやんww」
ゆめまる「イクメンやんイクメンwww」
りょう「うざっ、うざすぎる」
育児の勉強をしているのがバレて恥ずかしいりょうは本で顔を隠した
しばゆー「照れなくてもいいんだよりょうくーん!」
りょう「まじでうぜぇ」
ゆめまる「子どもには良いパパでいたいんだよね」
りょう「うるさい!」
口が悪くなるりょう
図星だからあまり言い返せないんだろう
それが分かっている二人は、普段じゃ絶対りょうをからかえないから、からかう
としみつと虫眼鏡が帰ってきて、りょうが止めるのも聞かず、しばゆーが育児について勉強してたことをバラすと、両方笑った
虫眼鏡「あはは、りょうくん意外~!!可愛い~!」
としみつ「そのシーン見たかったわぁww」
りょう「そうやって笑われたくなかったから言わなかったのに...しばゆー覚えとけよ」
思いっきり睨み付けてくるりょうに怖がり、としみつの後ろに隠れるしばゆー
こんなにりょうがからかわれることはないなぁ、おもろっww、としみつは考えながら、後ろにいるしばゆーをりょうに差し出した






てつや「りょう、育児の勉強してたんだって?なんか意外だね」
寝ている赤ちゃんを抱きながら、病室にお見舞いに来たりょうにてつやが言う
りょう「えっ?それ、誰から聞いたの...?」
てつや「ん?あぁ、さっきしばゆーがラインで教えてくれたの、りょう、育児の勉強してくれてありがとね、私も勉強しなきゃなぁ」
てつやは笑いこそしなかったが、てつやにまでその事がバレてるのが恥ずかしいりょうはしばゆーに殺意が芽生えたらしい
りょう『アイツ、まじで覚えとけよ...』
このあとしばゆーが酷い目に合うのは確定事項みたいだ