無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

第37話 今回は?
てつや「今回は女の子でしたー」
しばゆー「おー良いじゃん!女の子かぁ」
虫眼鏡「じゃありょうやくんの妹になるね」
りょうや「いもうと?」
としみつ「そうだぞ、りょうやに妹が出来んだ」
りょうやの頭を撫でたとしみつ
ゆめまる「予定日はいつ頃になるの?」
りょう「夏頃だったかな?何にせよ忙しい時期だから予定調節はしとくよ」
虫眼鏡「そうした方が良いね」
りょうと虫眼鏡が予定について話してる横で、他のメンバーとりょうやが話す
てつや「りょうやは妹が出来て嬉しい?」
目線を合わせて、てつやが聞く
りょうや「うんうれしい!おとうとでもうれしかったけど、いもうとでもうれしいよ!!」
しばゆー「良かったなぁりょうや」
としみつ「てつやはあんま無理しないで大人しくしとけよ」
てつやの大きくなったお腹を見下ろして、としみつは心配そうに言った
てつや「ふふ、ありがととしみつ」
ゆめまる「としちゃんが優しい...」
としみつ「いつでも優しいだろ俺」
しばゆー「い」
言い終わる前にとしみつがしばゆーにチョークスリーパーを仕掛ける
しばゆー「ギブギブギブ!!てか何もまだ言ってない!!!」
りょうやが楽しそうに笑みを溢した
面白いのだろうな
ゆめまる「女の子だとてっちゃんに似るかな」
てつや「うーん、どうなんだろう...私可愛いけど似るのかな?」
しばゆー「自分で言うんかお前はwwブスのくせにww」
解放されたしばゆーが茶化す
てつや「んなっ!?ひどい!!どこがブスなのよ!!」
しばゆー「お前鏡見たことあんだろ!ww動画とかたまにすげぇブスになってんだろww」
てつや「りょーう、柴田くんが苛めてくるぅ...」
りょう「は?」
しばゆー「ちょっ、チクんのは無しだろっ!!」
てつやがりょうの後ろに隠れて、しばゆーを指差した
ネタと分かっても仕返しはしたいみたいだ
りょうがしばゆーを見るが怖い、目つきが
いつもと同じく騒がしくなる
もう一人女の子がいたらマシになるのかなぁ、と考える虫眼鏡は、りょうやのことを抱っこしてあげる
虫眼鏡「楽しみかな?妹が産まれてくるの?」
りょうや「うん!」
元気いっぱい、笑顔で返すりょうやを見た虫眼鏡ととしみつ
虫眼鏡はりょうやを抱っこしたまま、としみつはぐしゃぐしゃとまたりょうやの頭を撫で、てつやとゆめまるは楽しそうに世間話、りょうはしばゆーにちょっと叱ってた、という不思議な空間が出来上がった
これが日常なんだよなぁ...