無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

第43話 遊びに来ました!!
てつや「しゃちょーお久しぶりです!!体大丈夫ですかー?」
はじめ「おーてっちゃんたちよく来たね!うん、大丈夫だよ!!」
りょうや「はじめおねぇちゃんこんにちはー!」
はじめ「こんにちはりょうやくん!今日は畑のおじちゃんたちにたくさん遊んでもらいなっ!!」
りょうや「うん!!」
HAPへと遊びに来たりょう一家
てつやとはじめしゃちょーが女同士で話しも通じ、Youtuberという仲間で非常に仲が良かった
りょうやがまだ今より小さいときにも、HAPに遊びに来て畑のメンバーたちに遊んでもらったことがあったのだ
りょう「忙しい中遊びに来てすみません」
やふへゐ「いえいえ、そちらこそ忙しいのに遊びに来てくれてありがとうございます」
岡崎で買ってきたお菓子を手渡しながら、そんな会話をしているりょうとやふへゐ先生
はじめ「てつやが今抱いてる子がいずちゃん?めっちゃ可愛いね!!」
てつや「はい、娘のいずです♪」
はじめ「りょうやくんも可愛いし、いずちゃんも可愛いから毎日癒されるでしょ?」
てつや「いつもりょうと一緒に二人の我が子見て幸せに感じてます///」
優しくいずを抱き、足元にいるりょうやを見て、てつやはそう言った
はじめ「いいなぁてつや幸せそうで」
てつや「何言ってんすかwwしゃちょーだってもうすぐ生まれるんじゃないですか」
赤ちゃん、と付け加えた
はじめしゃちょーは妊娠していた
始めにてつやが体大丈夫ですか?と聞いたのは、妊娠での体調不良は大丈夫か?という意味だった
はじめ「そうだけど、早く生まれてきてほしいよ」
てつや「焦っちゃダメですよしゃちょー」
りょうや『はじめおねぇちゃんも赤ちゃんお腹にいるんだ...』
はじめしゃちょーの膨らんだお腹を見て、りょうやは自分の妹が母のお腹の時にいたのを見ていたので、すぐに理解できた
するとりょうがその話しを聞いていて、少し不安に感じていた
りょう「確かはじめん、来月か再来月に出産のはずですよね?俺らほんとにお邪魔していいんですか?」
やふへゐ「落ち着いてますからね、気分転換も必要ですし、はじめさんが遊びに来てほしいって言っていたので」
りょう「ならいいんですけど、まぁ何かあったら俺も手伝うんで」
やふへゐ「ありがとうございます、では畑の動画の編集手伝いお願いします」
りょう「そう来たかぁww」
りょうや「ぱぱぁ、はたけのおにぃちゃんたちにもこんにちはしに行こ?」
いつの間にかりょうの足元にいたりょうや
りょう「りょうや、ママの所にいなくていいの?」
りょうや「うん、ままはじめおねぇちゃんとたのしそうにおはなしちゅうだから!ぱぱもやふへゐおにぃちゃんとおはなしちゅう?おじゃまだった?」
りょうとやふへゐ先生が顔を見合わせた
二人とも笑みを溢して、やふへゐ先生はりょうやに言ってあげた
やふへゐ「ううん全然大丈夫だよ、畑のおじちゃんたちに挨拶したいんだよね?じゃあ僕とりょうやくんのパパも一緒にみんなの所行こっか」
りょうや「行く!!」
りょう「すみません、何から何まで」
やふへゐ「遊びに来てくれましたし、もてなしくらいはさせてください」
りょう「ありがとうございます、てつや!俺とりょうや畑のメンバーに挨拶してくる」
声をかけるりょう
てつや「え、なら私も」
やふへゐ「てつやさんははじめさんのそばにいてください、大丈夫ですから」
てつや「...じゃあ、後で挨拶しに行きます!今はお言葉に甘えますね」
りょう「何かあったらすぐ呼べよ?」
やふへゐ「はじめさんも、少しでも体調悪くなったら言ってくださいね?俺すぐ来るんで」
はじめ「了解です!」
ここで、女と男でそれぞれ別れる
はじめたちは世間話
やふへゐたちは畑のメンバーに挨拶
それぞれが思い思いに過ごすのだ