無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

第13話 発覚
「おめでとうございます、妊娠3ヶ月ですよ」
改めて、産婦人科に検査をしてもらったら、案の定てつやは妊娠しており、現在妊娠3ヶ月目に突入しているとのこと
エコー写真を撮ってもらうと、まだ小さくて分からないが、自分のお腹に命が宿っていると思うと、とても壮大に感じてしまう
産婦人科の先生に言われ、病院を出たあとに役所に向かい、書いてもらった妊娠届けを出して母子手帳をもらうてつや
よく物を失くすので、こればかりは失くしてはならないと、鞄の奥に入れる
役所から出て、帰路をつきながらてつやは考えていた
てつや『赤ちゃん出来たこと、どう伝えようかな...きっとりょうは喜んでくれるけど、うーん...』
伝え方に悩んでいるてつや
てつや『サプライズかなぁやっぱりYouTuberだし...あっ、いっそこのままスタジオにアポなしで凸して行ってみんなに報告しちゃおう!りょうもいるはずだしね』
早くりょうやみんなに伝えたいてつやは走ろうとしたのをギリギリのところでぐっと堪えた
てつや『おっと、慌てない慌てない、赤ちゃんに負担はかけないようにしなきゃ、私はこれからママになるんだからね///』
てつやはそっと、まだ膨らんでもいないお腹を撫でる
まだあまり実感は湧かない、でもお腹には大好きなりょうとの赤ちゃんがいるんだから
よし、と意気込み、てつやはスタジオまで病院に行くときよりゆっくり歩いた
てつや『りょう、喜んでくれるといいな..///』
この事を伝えたら、一体りょうはどんな反応をしてくれるのだろうか?
色々な想像をしていたら、ふふっ、と思わず笑みを溢し、歩きながらてつやはまたお腹を優しく撫でたのだった