無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第8話 惚気ちゃう?
しばゆー「で、最近どうなんだよてつや」
てつや「どうって、何が?」
ゆめまる「りょうくんとはどうなんだ、って意味だよ、結婚してから喧嘩とかしてない?」
左からしばゆー、てつや、ゆめまるの順番で座っている三人は、今現在スマブラをしていた
そんな中、しばゆーはてつやに質問したのだ
てつやはゆめまるにどういうことか教えてもらうと頬を少しだけ染めて喋り始める
てつや「喧嘩は、まだしてないし、仲は良いと思うよ...///」
しばゆー「まぁ俺らから見ても仲良いしな」
ゆめまる「なんか堂々といちゃつくもんね」
てつや「いや...その、別に見せつけたい訳じゃないけど、抑えらんないっていうか...///あーやって近づいてこられると、つい、りょうのカッコいい声で耳元で何かお願いされると、断れなくて///」
ゆめまる「てっちゃん幸せそうだね」
しばゆー「惚気だけどな」
ゆめまる「いやいやいや、しばゆーだって結婚初期はそうだったじゃんww」
しばゆー「うるせぇww」
てつや「うぅ、惚気るつもりはなかったのに///」
てつやは顔を真っ赤にする
ゆめまる「可愛いーてっちゃん」
しばゆー「今この場にりょうがいたら写真撮ってそうだなぁ」
しばゆーとゆめまるは笑った
てつやもつられて笑っている
しばゆー「もしりょうになんかされたら言えよ?敵わないだろうけどてつやに味方してやるから」
ゆめまる「俺も」
てつや「うん、ありがと二人とも///でも、なるべくそうならないようにするよ...」
多分そうなる確率はないに等しいんだろうな、と、しばゆめの二人は考えていた
だけど気がつけば二人はてつやにスマブラで負けていて、お昼ご飯を奢らされる
そして、お昼ご飯を食べながらてつやの惚気を聞くのだろう