無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

第48話 ○○○○○○のちゅう
てつや「はいじゃあ俺らリサイタル組移動しまーす!」
しばゆー「運転はどーする?」
としみつ「俺するよ」
企画でチーム対抗になり、てつとししばチームとりょう虫ゆめチームに別れていた
前半はてつやたちのチームが移動しなければならないので玄関に向かっていると、いずが走って追いかけてきた
いず「まってままたち」
てつや「どうしたのいず?一緒に行きたいの?」
としみつ「別に連れてってもいいと思うぞ」
しばゆー「俺も別にいいよ」
てつや「でも...」
いず「んーん、わたしいかないよ、ぱぱたちとまってるから」
てつや「じゃあどうしたの?何か買ってきて欲しいものある?」
いずは首を振って、手を広げる
いず「まずとしみつおにいさんかがんで」
としみつ「?」
てつやととしみつは顔を見合わせた
しばゆーも何か分かってない
としみつは取り敢えず屈んで、いずを見た
するといずは小さい自分の手をとしみつの頬に置き、おでこにキスをする
としみつ「おっ?」
てつや「い、いず?それって」
いず「いってきますのちゅー、ぱぱとままもしてるから」
てつや「っ!!!????///」
しばゆー「えーいいなぁ、俺もしてよいず」
いず「うん」
屈んだしばゆーのおでこにもキスをするいず
しばゆー「ありがとな」
いず「ままも」
自分とりょうのキスシーンを見られて恥ずかしがりながら、てつやもいずにキスをしてもらう
としみつ「こりゃ良いことしてもらったわww」
しばゆー「そうだなww」
嬉しそうにデレデレしてるとししばの二人と、まだ顔を赤くしているてつや
いずは満足したのかスッと、りょうたちがいる部屋に帰っていった
てつや「子どもがこんな小さい頃からこんなこと覚えちゃダメだよぉ...///」
としみつ「お前らが所構わずイチャイチャするからじゃね?」
しばゆー「撮影中でもイチャつきやがって」
てつや「アンタも自分のチャンネルでイチャついてるじゃん!!///」
玄関で未だに行動しないリサイタル組
いずがリビングに戻ってくると、りょうがそれに気づいて声をかける
りょう「何しに行ってたのいず?」
いず「ちょっとね」
虫眼鏡「いずちゃんって不思議だなぁ...」
このあと、残りのりょうたちも行ってきますのチューしてもらい、帰ってきたてつやたちにはお帰りなさいのチューをしたいず
りょうは娘にキスされて嬉しがってたけど、他のてつやを除くメンバーもされてて、不機嫌だった
ぱぱとままもしないの?と言われ、りょうとてつやが子どもの前ですんのは止めようか、とまた新たに決めた


りょうや「僕もお父さんお母さんがキスしてんの見たことあるよ、夜に裸でくっついて何かしてたのも見たことある...何してたんだろうね?」