無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

第38話 幼稚園での噂は事実無根
幼稚園で不思議な噂をされている
りょうやは三歳なので、午後をちょっと過ぎる頃までは幼稚園に通っている
その送り迎えで少し幼稚園のママさんたちや子どもたちが騒がしくなっているのだ
朝、幼稚園にりょうやを送るのはサングラスをかけた背が高いスタイル抜群の父、東海オンエアのりょう
バレないように変装のため髪はセットしておらず、極力目立たない服装にしているのだが、これがまた目立つ
ママさんたちから黄色い悲鳴
りょうやを預けるときも、幼稚園の先生たちがちらちら見てたりする
りょうはいつも自分が来るとヒソヒソ話されたり、少しの悲鳴が聞こえたりするのに不思議がります
バレてないかヒヤヒヤもしてる...
ちなみに彼はバレてません



今は妊娠していて送れてないけど、ちょっと前まではりょうやの母、東海オンエアのリーダーてつやが送っていた
彼女もバレないように眼鏡をかけて、オレンジの髪を隠すようにカツラを被っている
普段は...最近は履くようになっているスカートやハイヒールを穿いて、いかにも東海オンエアのてつやではありませんと見せていた
これがまた、たまに子どもを送っている他のパパさんたちに見られている
てつやはそんなのに気づかないが、まぁ美人の女性に目が行くのは男性の本能なのかもしれない
彼女も一応バレてはいない


りょうやを迎えに来る人は日によって違った
りょうとてつやが迎えに来てはいる
でも二人とも忙しいときは、別の人が迎えに行く
ある日は眼鏡をかけてマスクをつけた身長が小さな男性
ある日はサングラスをかけ、ファッションセンスが素晴らしい男性
ある日は被っている帽子からはみ出している黄色い髪のよく分かんない服を着てる男性
ある日は優しそうで、帽子を被っている丸々とした男性
その人たちがペアで迎えに来たり、一人で迎えに来ていた
それのせいで本当に朝、りょうやを送っている人がお父さんなのかというの疑問がママさんたちに募っている
あそこの家は一妻多夫なのかという噂まで流れた
当の本人であるりょうやが嬉しそうに迎えに来てくれた人たちの所に向かうから余計に
ですが勘違いしないでください


あくまで朝りょうやを送っている人がパパで
ちょっと前まで送っていたのがママです
日によって迎えに来てるのはメンバー
りょうやてつやが忙しくて行けないときは迎えに行ってくれているのだ
いつの日か、全員の正体がバレてしまうのでは、とヒヤヒヤはしている
特にしばゆー...
でもそんなこととは露知らず、ママさんたちはいつまで経ってもその疑問が消えなかった