無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

第53話 夫婦喧嘩?
てつや「私よりこーいう可愛い子の方が良いんだ、ふーん...」
りょう「いやだから、動画一緒に撮っただけだからね?別にやましいことないよ」
てつや「そうは言ってもさ、りょう昔から女の子とよく遊んでるじゃん...ほんとは今でも遊びたいんじゃないの?」
りょう「てつやこそよく遊んでたじゃん、マホっちゃんとかカイトとか」
てつや「友達だもん」
りょう「俺もただの友達なんだけど?」
滅多に言い合いをしないりょうとてつやが言ってしまうとくだらないことで喧嘩している
てつや「でも最近女の子とばっかり個チャン動画撮ってんじゃん!」
りょう「仕事だし依頼あったから仕方ないでしょ、我慢してよ子どもじゃないんだから」
てつや「はいはい我慢しますよー...」
口を尖らし、ふてくされたようにてつやは言いのけた
それにりょうもムカつき、ふてくされて部屋を出た
りょう「......」
りょうや「お父さん」
ビクッと肩を揺らした
りょう「何りょうや?」
声をかけたのがりょうやだと気づいてほっとする
りょうや「夫婦喧嘩は犬も食わないって言うよ」
りょう「...聞いてたんだ」
いず「でもけんかするほどなかがいいっていうよ」
ヒョコっとりょうやの後ろからいずが出てくる
りょうや「あのね、虫さんが『りょうくんは無意識に女の子をその気にさせてそれに気づかない罪な男だよ』って言ってた」
りょう「虫眼鏡が?」
いず「ぱぱもてるもんね、ようちえんでもにんきだもん」
お迎えが尚もりょうなので、ママさん方の人気は衰えないらしい
りょう「...」
りょうや「お母さん、お父さん取られたくないだけだよ」
いず「うん、でもままもにんきものだからどっちもどっち」
りょうや「あっ、確かに」
兄妹は顔を合わせて笑っている
りょうはそれを聞いて、てつやがいる部屋を見た
いず「ねぇぱぱ、はやくままとなかなおりして、きょうそとでごはんのやくそくだよ」
りょうや「ぼく、お父さんとお母さん、妹ちゃんと仲良くご飯食べたいな」
りょう「っ...そうだね、俺が悪かったな」
二人の頭を撫でてから、待っててねと言い、部屋に戻った
てつやがソファの上で体育座りをしている
その隣にりょうは座って、てつやを抱き寄せた
りょう「ごめん、俺が悪かった...無神経すぎたね」
てつや「......」
りょう「俺は、てつやのことが一番好きだから」
てつや「...うん」
顔だけこっちに向けたてつや
てつや「私も、ごめん...」
りょう「いいよ、俺もこんなに可愛い奥さんいるのに他の女とほいほい動画撮ってたのが悪いからね」
てつや「っ、///し、仕事だし、りょうの言ってることは正しいよ...私だって、他の男と動画撮ってるし」
りょう「息子たちに言われたよ、無神経に女の子その気にさせてるって」
てつや「ふふ、あってるww///」
いつの間に二人の空気は良い感じだ
仲直りは成功
りょう「さ、りょうやたちが外でご飯食べたがってるから行こてつや」
てつや「そうだった、好きなもの食べさせてあげなきゃ///」
微笑んでいる両親をドアの隙間から見ていたりょうやといずはハイタッチを交わす
やっぱこうでなくちゃね
美味しいもの食べさせてもらおうっと!
りょうや「僕ラーメンが良いな」
いず「いずは...すし?」
りょうや「じゃあ寿司にしてもらお!僕も寿司食べたいから!!」
両親の元に駆け寄って行くまで残り数秒...