無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

第34話 文系組とお昼寝
てつや「ふぁぁ、眠っ...///」
ゆめまる「てっちゃん寝不足?」
てつや「ううん、日が当たってぽかぽかして気持ちいから眠くてさ」
ゆめまる「今日はいつもより暖かいもんね」
てつや「あーもう無理だ、寝る、私は寝る」
てつやはスタスタ歩いて、別の部屋から毛布を何枚か引っ張り出してきた
ゆめまる「いっぱい持ってきたねてつや」
てつや「いや、ゆめまるも寝るかなって思って、りょうやもそろそろお昼寝の時間だし、としみつはさっきから寝てるからこれかけてあげようと思って」
ゆめまる「なるほど」
寝ているとしみつのそばで静かに自分たち、東海オンエアの人形で遊ぶりょうやをてつやは手招きする
それに気づいたりょうやはトコトコ歩いてきて、てつやのそばに座った
てつや「りょうや、今日は日も当たって暖かいからママと一緒にお昼寝しよ」
りょうや「おひるね?うんする!」
人形を抱きしめ、近場にあったクッションを頑張って引っ張るりょうやをゆめまるがすぐさま手伝う
りょうや「さんぷぅゆめおにいちゃん!」
ゆめまる「どういたしまして」
その光景は微笑ましい、でもなんでその言葉知ってんの?りょうや...
てつやが脱走しました、という動画を撮ったときりょうやもゆめまるの家に連れてって、ゆめまるの彼女さんに会わしたら、彼女さんはとても可愛がってくれて、りょうやの面倒も見てくれた
それを見てりょうと微笑んだのを思い出した
この二人は癒し系だ...
タンパク質武田さん優しすぎる...
りょうや「ままじゅんびできた!ねよ!!ゆめおにいちゃんも!」
てつやとゆめまるの袖を掴み、上から見上げてくるりょうや
ゆめまる「りょうやくんが寝るなら俺も寝ようかな」
てつや「よし、としみつのそばにみんな寄って寝よ寝よ!」
腕を曲げて枕代わりにして寝てるとしみつの横に寝っ転がる三人
ゆめまる「起きたらとしちゃんビックリするだろうね、一応カメラ回しとこっと」
りょうや「としちゃんびっくり!!」
てつや「死体と勘違いすんじゃね?ww」
クスクス笑う三人は、数分後には寝息を立てて寝ていた
しばらく経って、としみつが目を擦りながら起き上がって、三人が自分のそばで寝ていることに気づいて一言
としみつ「うわっ!!?ビックリしたぁ...死んでると思った、寝てんのか...つかなんで俺の周りで寝てんだ?」
てつやの予想通り死体と勘違いしたとしみつ
頭をかいて、まぁいいや、と考えたとしみつはまた腕を枕代わりにして寝る
四人とも気持ち良さそうに、買い出し組の理系が帰ってくるまで寝ていたらしい...