無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

40
2022/01/23

第430話

第400話 馴れ初めとかを聞こう!
りょうや「俺さぁ、ちょっと気になることがあるんだよね....」
いず「何?」
ムカつくような、椅子に座って手を組んで窓の外を眺める兄に変な気持ちを抱きながらいずは兄に聞く
りょうや「馴れ初めとか、結婚に至ったまでの経緯...プロポーズ...とか?」
いず「誰の...?」
りょうや「色んな人の....」
いず「...........はぁ、」
色んな人とは誰が含まれるのだろうか....出来れば身近な人でいて欲しい
りょうや「まず、マサルの両親...」
いず「マサイさんとシルクさんね」
うん、めっちゃ身近だ...
りょうや「マサイさんって、シルクさん嫌いだって...動画で言ってから気になって...」
いず「成る程ね....」
随分前のことを引っ張り出してきたりょうや
今になって気になったのは、よくよく考えてみたら、という感じでなんだろう
りょうや「星夏の両親とかもさ...」
いず「やふへゐさんとはじめしゃちょーさんか...」
りょうや「陽斗くんとレナちゃんの両親も」
いず「キヨさんとレトルトさんね....」
りょうや「蛍の両親は何となく分かるよ?動画見る限りそんな雰囲気してたし、あぁこれは結婚するわ!!ってすぐ分かったもん」
いず「そう.....ね、」
確かに、りょうやが上げてきた人たちの仲で一番分かりやすいというか...納得が出来る二人の結婚であるだろう
りょうや「あとアイツ...何だっけ...お前の新たな舎弟の~~~~......マキア」
いず「.............彰?」
りょうや「あ、そうそうソイツ」
いず「....名前くらい覚えなさいよ」
りょうや「いやぁ、まだ一回くらいしか会ったことねぇし...様子という感じですから...」
仲良くはなりたい、と溢すりょうや
けれど東京には中々行けない身、それにマサルからの話によれば...良い高校に行っていて忙しいとのこと
それは仕方ないと、また機会が合ったら話したいと思ったりしていたのだ
いず「......確か、彰くんはQuiz Knockの山本さんと伊沢さんの息子だったはず」
りょうや「な?気になるだろ??何で結婚に至ったのか、馴れ初めとかプロポーズとかさ!!」
いず「言われてみれば......そうね」
色々とそういうことがあったから結婚をした
でもその経緯は当然りょうやたちは知らない
りょうや「ちょっくら受験勉強の休憩の合間、聞いてみたくね?」
いず「何言ってんの...お兄ちゃん何もしてないじゃん」
ノート開くだけ開いて何もしてなかったくせに、何が休憩だ
りょうがいたら勉強をしろと促されたろう
りょうや「うぐ、....ま、まぁ勉強のし過ぎは体に悪いから!!!な、聞いてみようぜ!!」
兄の圧に負け、いずも気になっていたことだし....このままじゃ勉強に手つかずになりかねない
勉強のし過ぎは、体に悪いか.....あながち間違っていない
いず「.......うん、休憩の合間には良いかもね...」
りょうや「やり!!あ、でも父さんには内緒な?うるせぇから......」
キョロキョロ辺りを見回すりょうやは、父親がいないことを確認して、いずと共に誰もいなかったスタジオの寝室に向かう
りょうや「そんじゃ、一組目に聞いてみよー!!」
いず「おー....」
電話を取り出したりょうやは、一組目の間に生まれて育った息子に電話をかけ、いずと一緒に聞いてみることにしたのだ