無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

第24話 赤ちゃんは人気者
てつや「お騒がせしましたー、みんな動画ありがとね!」
入院期間から帰ってきたてつやが、スタジオに着いて、今で自分抜きで動画を撮っていたメンバーにお礼を言った
虫眼鏡「全然気にしなくて良いよ、それにしても退院おめでとう!子ども共々元気そうで何よりだよ」
ゆめまる「てっちゃん、ちょっとだけでもいいから抱かせてもらっていい?」
ゆめまるがてつやの腕の中にいる赤ちゃんを見て言った
てつや「いいよ、今寝てるからそっとね」
てつやは抱いていた赤ちゃんをゆめまるに抱かせる
ゆめまる「わー、ちょっとしか経ってないのに結構重くなったね」
てつや「そう!私重いの持ち慣れてないから筋肉痛凄かったよ最初はww」
虫眼鏡「えー僕も抱かせててっちゃん!」
しばゆー「虫眼鏡が抱くと年が離れた兄弟みたいだなww」
虫眼鏡「そこまでチビじゃねぇわ!!」
てつや「www、あっりょうごめんね荷物持ってもらって」
後からスタジオに来たりょうは、てつやの入院の荷物を車に置いていたので遅れてきた
りょう「全然平気、今は子ども争奪戦?」
てつや「ふふ、みんな抱きたいんだって」
りょう「みんな来る度抱いてたやんww」
虫眼鏡「だって可愛いもん、抱きたくなるよ、僕もう結婚しないでりょうやくんに愛情注ぐわ」
今は虫眼鏡がてつやたちの子ども、りょうやを大事そうに抱きながら言う
りょう「いやいや虫眼鏡の子どもじゃないからりょうやは、俺とてつやの子どもだから」
虫眼鏡「血の繋がりはないけどりょうやくんの叔父さんになる僕」
としみつ「叔父さんって年だしなww」
てつや「りょうや人気ものだね♪」
やはり赤ちゃんは可愛いのだろう
しばゆーは自分の子どもがいるが、他はいないのでお互いに可愛がっている
りょう「俺も抱きたいんだけど...」
としみつ「りょうはいつでも抱けるじゃん、俺だって親友の子ども可愛がりたいてぇし」
虫眼鏡の次はとしみつが、りょうやを抱いている
めちゃくちゃに機嫌が良いし、笑顔が多い
ここまで機嫌が良いのは中々ない
りょう「今日は一回も抱いてないの俺は」
病院からここまで荷物を持ったのはりょう、りょうやを抱いていたのはてつやなので、今日は一度も抱いていなかった
毎日お見舞いに来て抱いてはいたが、やっぱ父親として子どもを可愛がりたいりょう
しばゆー「そーいやりょうくんがりょうやくん抱いてる所見たことないかも」
ゆめまる「確かにそうかも、でも安定感ありそう、しばゆーよりパパっぽいもんりょうくんは」
しばゆー「おいっ、俺十分パパっぽいわ!!」
ゆめまるとしばゆーが喋っていると、としみつは満足したのか、てつやにりょうやを預けた
そのときにはりょうやは起きていて、小さい手を上に向けて力いっぱい動かしている
てつや「あら、起きたのりょうや♪良かったね、おじさんたちに抱っこしてもらって」
としみつ「おじさんは止めろやwwまだお兄さんだわww」
てつや「冗談だよ、ほらりょうや、今度はパパに抱っこしてもらいな///」
てつやは隣にいたりょうに、りょうやを抱かせる
りょうは慣れた手つきでりょうやを抱っこする
ゆめまる「わっ、パパらしいwwイケメンパパだ」
りょう「恥ずかしいから止めて...」
照れてるりょうを最近見たてつや以外のメンバーは笑う
てつや「イケメンパパだって、確かにイケメンだよねりょうは、じゃあ私は美人なママってことで!」
しばゆー「いやそれはないww」
てつや「なんで即答すんのよ!!」
虫眼鏡「で、てっちゃんどーする?このあと動画撮るんだけど?」
虫眼鏡が撮影のカメラを持っていた
てつや「んー...久しぶりだから鈍ってるかもだけど、撮ろうかな?りょう、少しだけりょうやのこと頼んでもいいかな?それともりょうも動画撮る?」
りょう「俺はいいや、最近めっちゃ出たし、りょうやと二人でカメラ外で待ってるから撮影しなよ、でも体調悪くなったら言えよ」
てつや「うん!ありがとりょう!!」
チュッとリップ音を立てながらりょうの頬にキスをして、撮影に撤した
ヒューヒューと茶化すメンバーにりょうが睨んで止めさせた
撮影の準備を完了させて、いつもの挨拶をする
久しぶりのリーダーの挨拶だ
てつや「いやぁどーも東海オンエアのてつやと!!」
嫁の元気な姿に、りょうは体調は大丈夫そうだな、と向かい側のソファに座って、我が子であるりょうやと一緒に久しぶりのリーダーがいる撮影の風景を見ていた




撮影が終わった後にりょうやを抱かせて、とメンバーがまた言い始めたのは言うまでもない