無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

第25話 抵抗ないし、親友だし
てつしばの二人がスタジオにいます
しばゆーはてつやと会話しながら、動画で使う道具を作っていた
てつやは赤ちゃんをあやしつつ、そろそろ授乳の時間なので、服や下着を捲し上げる
赤ちゃんに自分のおっぱいを吸わせる
てつや「いっぱい飲んでね、りょうや」
その光景を、何の躊躇いもなくしばゆーは見ていた
基本的、てつやのことは親友であって、別にそーいう関係ではないので、昔からキスをしたり、ハグをしたり、裸を見たりしたが、お互いに意識は一切しなかった
むしろそーいうことばっかやり過ぎて、しばゆーがりょうに怒られていた
それにしばゆーは、てつやたちより早くに結婚していて子どもいるから、対してなんとも思わない
しばゆー「お前、この場にいるのが俺だけで良かったな」
てつや「何が?」
仮にもし、セコム二人がこの光景を見たらどうだ
全力で止めたり、見ないと分かっていても見ていたかも
ゆめまるはなんとも思わなそう、ごわみいるし
りょうはてつやの旦那だし、見慣れているだろう
てつやはしばゆーの言葉を考えながら、閃いて、笑顔で言った
てつや「何?しばゆーも飲みたいの?」
しばゆー「ぶっ!!」
ニコニコ言うてつや
しばゆーは休憩に、と買っていたコーラを飲んでいたときに言われたので全部吹き出した
咳き込むながら笑って否定する
しばゆー「ゴホッ、ゴホッ...アホか!!wwんなわけねぇだろ!!ww」
てつやはそう返されるのが分かっていたので、自分も笑って返す
てつや「知ってるわww冗談だよwwそんくらい分かってるってww」
てつやとしばゆーは一番動画を撮っていた仲だし、お互いのことはちゃんと分かっている
お互いが信じ、時には意見もぶつかるが、だいたい同じことを考えたり、意見を尊重したり否定しない
そんな仲の二人だから、こういう光景を見られるのも、てつやは別に嫌がったりしない
てつやの性格からして、あまり抵抗がなさすぎるのもあれだが、そういうリーダーだからこそ、しばゆーたちはついていったのだ
これからもこの二人の関係は悪友かつ親友なのだろう




りょうが買い出しから帰ってきたとき、仲良さそうに話すてつやとしばゆーが一番に視界に入った
りょう『ホント仲良いよなこの二人...妬くなぁ...』
仲が良いのはよろしいことだ
りょうとしては、てつやを取られてる感じがして嫌らしい
でもりょうは、普通にりょうやの授乳を見てるしばゆーに気づいて叱った
てつやにも、あまりそーいうとこ見せんな、と怒られた