無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第7話 俺の特権、私の特権
りょうは比較的早く起きて行動する
余裕をもって行動をしたい、というのは建前にすぎない
彼がてつやより早く起きている理由は?

目覚ましの音で目を覚ましたりょうは隣で寝ている自分の嫁であるてつやを見た
てつや「すー、んっ///」
りょうはてつやの寝顔を見て微笑んだ
いつまでも子供っぽさが抜けず、それでいてたまに色気がある寝顔
いつまでも見ていられる
りょうがてつやより早く起きる理由
それは自分の嫁の寝顔をずっと見ていたいからだ
自分だけがこんな近くで見れるてつやの寝顔
ギリギリまで彼女の寝顔を堪能してから、やっと彼は彼女を起こすのだ





てつやは比較的寝るのが遅い
もちろん動画の編集をしているからでもあるが、だいたい夜の行為さえなければりょうの方が先に寝る
でも、他に遅く寝る理由がある
彼女がりょうより遅く起きている理由は?

編集をし終えて、てつやはやっと布団に入る
先に布団に入っているりょうのカッコいい寝顔が見る
てつやはこれが見たかったのだ
普段から起きるのが早く、あんまりりょうが寝ている姿を見れないから、こんな時でしか見れない
だからてつやは遅く寝るのだ
大好きな旦那さんの寝顔を特等席で見れる
そして寝ているなら、とまだ恥ずかしいキスだって出来る
てつやは自分の眠気が来るまでりょうの寝顔を見つめる
眠たい、と思ったら、最後にりょうの頬にキスをしてから深い眠りに入る






これがお互いの自分だけしか知らない幸せな特権