無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第3話 イチャつくのもほどほどに
虫眼鏡はイラついていた
今回はドッキリなので仕掛人である自分を含めたてつやとりょうの二人と一緒に動画の前フリを撮ろうとしていたが...
てつや「ちょっ、りょうどこ触ってんの///」
りょう「横にてつやがいたからつい」
動画を撮ろうとしたらすぐこれだ
りょうはてつやの髪をいじくったり、手を握ったりとほぼセクハラに近い行為をしていた
いくら結婚して夫婦になったからってやるときにはやってほしい
りょうのセクハラ行為に満更でもないてつやを見て余計ムカつく虫眼鏡
そんな二人の間に割って入って無理やり動画撮影を始めた
てつやはそれに驚き、りょうはイラついた
りょう「なんで間に入ってくんの、俺の隣くればいいじゃん」
虫眼鏡「僕がどこ座ろうがいいじゃん、さっ早く動画撮ろうよてっちゃん!」
わざとらしく、見せつけるようにてつやの肩を組んだ
てつやは気にする素振りもなく虫眼鏡に同意した
りょうはというと、不機嫌だ
そんなりょうを見て、虫眼鏡はざまぁみろ、という顔をしてやる
てっちゃんと結婚したからっていい気になるなよイタリア人、と心の中で言いながら、虫眼鏡はカメラの電源を入れた