無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

第28話 成長を感じる
りょうやの成長はとても早かった
目を離せばすぐにどっか行っちゃうし、元気が有り余ってこちらがほとほと困ってしまうことがあるが、子どもとは可愛いものだ
てつやは毎日成長していくりょうやに嬉しさを感じていた
もちろんそれはりょうやメンバーも同じ
掴まり立ちも最近良くするようになった
だいたいその後ろでりょうが倒れないための保険で待ち構えてるのは面白い
ちょっとずつだけど歩けようにもなってきているし、いつも驚きっぱなしだ
カメラは充実している環境なので、記録として動画を撮り、ちゃんと大切に動画を残している
たまに両実家に帰ったときに両親にも見せれるように
あっという間に年も過ぎ、りょうやは一歳になったので、少しずつ喋れるようにもなった
ゆめまるや虫眼鏡はおもちゃで遊んでくれて、としみつは歌を歌ってりょうやを喜ばす
しばゆーがりょうやと遊んでいるときは変な言葉を教えないよう見張っているものの、何故か色々覚えてしまう
ゲサモリは教えなくてもいいんだよ...




りょうやを間に挟んでりょうとてつやは寝る
ポンポンと、りょうやのお腹を優しく叩いて寝かすのはりょう、りょうやの小さい手を優しく握っているのはてつや
てつや「あっという間に大きくなっちゃったね...」
りょう「そうだね、子どもって成長早いよなぁ...元気ありすぎておじさんたちは体力削られてます」
てつや「いい運動になんじゃない?特に虫さんとかゆめまるとか」
りょう「虫眼鏡はりょうやのことめっちゃ可愛がってくれるしな、まぁ他のみんなもだけど、ほんとに虫眼鏡結婚しなさそう」
りょうやくんのおじさんになるって言ってたしな
ふふっと、笑みを溢すてつやに吊られてりょうも笑う
てつや「可愛いよね、ほんとに///」
りょう「うん、てつやも可愛いよ」
てつや「わ、私は良いんだよっ、もぅ///」
りょう「そっかww」
うとうとしていたりょうやが、ゆっくり目を閉じた夢の中に入っていった
てつや「寝ちゃった///」
りょう「俺らも寝るか、明日も撮影あるし」
てつや「うぅ、神休みが恋しい...」
りょう「まぁまぁ、それ乗り越えたら休みだから家族水要らず、散歩でもしようよ」
てつや「うん///」
りょうとてつやは一回起き上がった
そしてしばらく二人は見つめ合ったあと、キスをしてから就寝した
てつやはうっすらと目を開けて、りょうとりょうやを見る
気持ち良さそうに寝ている二人を見て、またてつやは笑みを溢すのだった