無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

彼女の気持ち
あなた
私とまふくんにはルールがある
ひきまるメンバー以外と話してはいけない
とかね?沢山ある別にそれは守れるからいいとするよ
貴方
でもさ、、、、、
まふくんは女の子とお喋りを沢山してるそれはね?仕方ないことだよ
だってまふくんはすごい人なんだもん私みたいな人じゃない、、、、、知ってるよそんなこと知っててもずるいと思う、、、、、私は男の子と話しちゃいけないっていうルールがあるのにまふくんにはそういうルールがない
私だけかな?おかしいって思うの、、、、、そらるさんに聞いてみよ、、、、、
通話にて
貴方
そらるさぁん
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
どうした?俺に来たってことはまふまふのこと?
貴方
、、、、、そうです、、、
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
そっか、何があった?
貴方
私たちのルールになるんですけど、私は男の子と話しちゃいけないっていうルールがあるんですけど、、、、、(泣き出す)
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
うん、ゆっくりでいいよ
貴方
まふくんは、、、、、ヒックまふくんは女の子とヒック沢山沢山お話しててヒック、、、、、
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
あー、それで「そう思う私はおかしい?」って聞きたいんでしょ?
貴方
はいヒック
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
あなたはおかしくないと思うよ俺はまふまふには俺から言っとくからあんまり深く考えんなよ、そう思ってたらまふまふだって悲しくなると思うし
貴方
はい、、、、、ヒックありがとうございますヒック
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
うん、まふまふは今どこにいるかわかる?
貴方
まふくんは今作業室で作業やってます、、、、、
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
そっか、ちょっと呼んできてくれるかな?
貴方
、、、、、?はいヒック分かりました
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
涙拭いていかないと怪しまれるかも落ち着いたら行ってきて待ってるから
貴方
はい、、、、、ヒック分かりました、、、、、
数分後
貴方
落ち着いたんでまふくん呼んできますね
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
部屋を出る
貴方
ま、まふくぅん
相川まふゆ
相川まふゆ
ん?どうしたの?あなた
貴方
今ねそらるさんとお話してたんだけど、、、、、そらるさんがお話したいことがあるって、、、、、
貴方
今大丈夫?
相川まふゆ
相川まふゆ
、、、、、?うん大丈夫話してくるね
貴方
いってらっしゃい
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
まふまふ、作業中に悪いな
相川まふゆ
相川まふゆ
いえいえ大丈夫ですよ、どうしました?
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
あなたのことなんだけどさ
相川まふゆ
相川まふゆ
??
はい
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
あなたあいつお前に悩んでたぞ
相川まふゆ
相川まふゆ
、、、、、え?
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
「私は男の子とおしゃべりしちゃダメなのにまふくんは女の子とお喋りを沢山してる」って''これっておかしいのかな?''って
相川まふゆ
相川まふゆ
そ、そんなことあなたが言ってたんですか?
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
お前にとってはそんなことだろうけどあなたにとってはそんなことじゃないの
相川まふゆ
相川まふゆ
、、、、、分かりました。ありがとうございますそらるさんあなたと話してきます
一ノ瀬彼方
一ノ瀬彼方
ん、まずはお前が謝らないと始まらないからな
相川まふゆ
相川まふゆ
はい、、、、、
通話を切る
相川まふゆ
相川まふゆ
(そんなにあなたを傷つけてなんて、、、、、ごめんね、あなた、、、、、)
 あなたが居る部屋へ
相川まふゆ
相川まふゆ
あなた、、、、、
貴方
ビクッ
相川まふゆ
相川まふゆ
ごめん!
貴方
、、、、、?
相川まふゆ
相川まふゆ
その、、、、、ぼ、僕あなたのとこ考え無さすぎた!あなたの気持ちも考えず男と話すなとか言っちゃって、、、、、ほんとにごめん、、、、、
貴方
大丈夫だよ、、、、、私もごめんねそらるさんに愚痴っちゃって、、、、、
相川まふゆ
相川まふゆ
あなたは悪くないよ!僕が悪いんだよ、ほんとにごめん
貴方
(* ´ ꒳ `*  )仲直りだね!w
相川まふゆ
相川まふゆ
うん!
貴方
そらるさんに言わないと!
相川まふゆ
相川まふゆ
そうだけど、、、、、僕作業あるんだよね、、、、、明日行こ!
貴方
あ、、、、、
相川まふゆ
相川まふゆ
え?どうしたの?
貴方
明後日までに仕上げげてってお願いされたやつ10%くらいしか進んでない、、、、、
相川まふゆ
相川まふゆ
え''ぇ''?!?!
貴方
いやぁぁ!わすれてたぁぁあ!
あなたは素早いので作業を明日の昼に終わらせました。(普通はまる2日はかかるものを)