第38話

episode38
887
2019/11/10 01:19
唐揚げを引き上げて、ご飯を温めて。
材料をきって、ご飯を炒めて、
卵を焼いて。適当にサラダとスープを作った。
あなた

できた。

たなっち
たなっち
え、めちゃめちゃ美味しそう。
やふへゐ先生
やふへゐ先生
ボスずるい。
だいちぃ
だいちぃ
やふへゐくんもコンピニ禁止したら
作ってもらえるんじゃないですか?
やふへゐ先生
やふへゐ先生
たしかに。
なんて言いながら、みんな料理を眺め始めた。
そんなにマジマジ見られると恥ずかしいな。
あなた

そんな回りくどい事しなくても作るよ。
それより、誰かはじめくん呼んできて。

トマトくん
トマトくん
じゃ、僕が行ってきます。
あなた

ありがとう。トマトくん。

トマトくんがはじめくんを呼びに行っている間に、
私は洗い物を進めた。ある程度洗い終わると、
トマトくんとはじめくんが来た。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
えっ、めっちゃ美味しそう。
あなた

いっぱい食べて面白い動画作ってね。

はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
これなら、ずっとコンビニ禁止しようかな。
トマトくん
トマトくん
それさっきだいちくんも言ってましたよ。
あなた

みんな考え方がYouTuberになってる。
そんな事より、冷めないうちに食べて。

はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
いただきます。
だいちぃ
だいちぃ
いただきま~す。
はじめくんとだいちくんは黙々と食べ始めた。
人に振る舞うほど自分の料理に自信はなかったけど。
静岡に来てからみんなが喜んでくれるから、
他の人に料理を振る舞うのが好きになってきた。
また作りに来ようかな。
なんて思ってみんなを見てると、
トマトくんが箸を持ったまま固まってた。
あなた

トマトくん、遠慮してると無くなっちゃうよ。

たなっち
たなっち
そう言えば、何で
ともたかも箸持ってるの?
あなた

さっき、火傷の手当してくれたから。

なんて話すと。
たなっち達のブーイングと共に、
はじめくんが叫んだ。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
え、火傷したの?
大丈夫?病院行く?
あなた

大袈裟だよ。ちょっと油が跳ねただけ。
こんなのいつもの事だから。

だいちぃ
だいちぃ
凄い、はじめなら叫んで
もっと大事にしてる。
たなっち
たなっち
たしかに。
あなた

女性は年取ると、熱さに対
する耐久性が上がるんだよ。

やふへゐ先生
やふへゐ先生
確かに、お母さんとかって
熱いものも真顔で触るな。
だいちぃ
だいちぃ
そう考えると、お母さんって凄いな。
たなっち
たなっち
俺もそんなお母さんになりt....。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
お母さんになりたいの?
あなた

たなっちは溺愛パパになりそう。

やふへゐ先生
やふへゐ先生
それめっちゃ分かる。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
何しても怒らなそう。
たなっち
たなっち
絶対怒らないですよ。
トマトくん
トマトくん
それはそれで教育上、どうなんすかね。
だいちぃ
だいちぃ
あんまり宜しくない。
あなた

その内、はじめくん達のことも
呼び捨てで呼び出すかもね。

だいちぃ
だいちぃ
おい、はじめ。あれ買って!とか。
トマトくん
トマトくん
そう言われたら、どうします?
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
えぇー。でも女の子なら買うかも。
だいちぃ
だいちぃ
考えたら、この人も結構子供に甘いかも。
前、ゆまの赤ちゃんにメロメロだったし。
あなた

確かに。何気にはじめくん
もいいパパになりそう。

たなっち
たなっち
1個1個の記念日に大掛かり
なことしそうで怖いけど。
だいちぃ
だいちぃ
Disneyland貸し切ってみたとか。
やふへゐ先生
やふへゐ先生
ボスならやりそう。
あなた

もう、子どもも恐怖だよ。

なんて、近いのか遠いのかわからない
未来の話に花を咲かせて、
楽しいご飯の時間はすぎた。
その後、お皿洗いをして。
私は家に帰った。

プリ小説オーディオドラマ