無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

猪狩の女はHiレベル?


☺︎ No side


前回の続きです





伊東「第4問!!」


佐藤「てれん」


伊東「伊東はガリさんのどこが好きでしょうっ!」


岩﨑「え、全部じゃないの!?」


伊東「あたりまえじゃん!全部好きだけど、特に好きなのは~?って話」


岩﨑「えむっずw」


金指「いやでもあなた結構言ってない?」


伊東「言ってる!!」


金指「だよねー、ちょっと僕これわかるかも」


藤井「え?一世が自信ありそう!俺全然わかんないよー泣」


浮所「それが普通だって藤井くん、w」


伊東「タイムアップでーす!せーの!」


藤井:ツンデレ

那須:声 ラップがかっこいい

浮所:おしゃれ

岩﨑:おしゃれ

佐藤:なんかかわいい

金指:語彙力と意地悪してきたと思ったら急に甘やかしてくるところ


伊東「わ!!!一世天才じゃん?!わたしが用意してた答えと一言一句間違ってないよ?」


佐藤「えー!それはやばい!」


金指「だって取材のときとかあなたいつも言ってるよ?」


岩﨑「あ!撮影の場所違うとさ、インタビューもバラバラじゃん?だから金指しか知らないんじゃない?」

(実際にどうかは知りません、 by作者)

藤井「そういうことかー!」


那須「金指くんずるいよー」


金指「あなたのインタビュー全部きけるの僕だけの特権だもん」


伊東「あはは!」


浮所「笑い方!ww」


伊東「てへっ 第5問!!」


佐藤「てれん」


岩﨑「あのさちょっといいかな?」


浮所「龍我のそれは何?いまさらだけどww」


佐藤「なんか番組とかでよくあるじゃん。問題です!てれんっ、みたいなやつ」


浮所「何、あれを口で言ってるわけ」


佐藤「そう」


岩﨑「まあいいんだけどさ」


伊東「気を取り直して、第5問!!」




「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡