無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

猪狩の女はHiレベル?


☺︎ No side


前回の続きです


橋本「え、だってさ…」


ガサゴソっ


猪狩「チキンローストレッグ!?」


伊東「いや去年のクリスマスに引っ張られすぎね」


藤井「しかも美少年の動画なのに橋本くんチキンローストレッグ好きすぎでしょ」


橋本「だって美味しそうだったもん」


猪狩「はいはい、ありがとう。あとでいただきますね」



髙橋「次俺いい?はい、ガリさん」


猪狩「ん?、優斗のも温かいぞ?」


髙橋「うん」


猪狩「うんじゃねえよ」


ガサゴソ


猪狩「わー!焼き芋ってww」


岩﨑「優斗くんまじ!?」


髙橋「まじだよー焼き芋って美味しいじゃん」


猪狩「まあ、優斗のセンスのない帽子とかじゃなくて良かった」


髙橋「おい!そんな事言うなよ~」


伊東「ガリさん、思っててもシーっだよ」


猪狩「あ、ごめん優斗」


髙橋「いいよお」


井上「俺と作ちゃん、一緒に買ってきた!」


作間「はーい」


猪狩「あ!腕時計!うわー、これは嬉しい」


井上「よかったー」


作間「ねー」


佐藤「俺と大昇からはこれ~」


猪狩「帽子だ!ありがとう!かぶる!」


岩﨑「はい!かぶって!」


猪狩「え、いま?w」


岩﨑「ほら、いいから!」


スポッ


岩﨑「あーほらー!似合う~」


佐藤「よかったー!」


伊東「はい、次ひーくん!と!一世も一緒?」


うきかな「はーい!どうぞ!」


猪狩「箱?重っ!」


パカッ


猪狩「招き猫!?すげえ~」


浮所「この猫さんね、左手を上げてるでしょ?
左手は人を招くんだって!たくさんファンを増やしていい人に巡り会ってほしいって願いを込めて!!」


猪狩「うわあまじ!!浮所、一世ありがとう!部屋に飾るわ!」


金指「わー、喜んでもらえてよかった!」


伊東「はーい最後、わたしの出番!」


猪狩「はいはい、ちょっとうるさい」


伊東「なーんでー」


猪狩「いいから、伊東は何くれるの?」


伊東「じゃーん!!」


猪狩「おおお、なんかこんなかで1番でかくね?」


伊東「いいじゃん、その分愛が1番おっきいって思っといて!開けてよ!」


猪狩「はいはい」


ガサゴソっ


猪狩「これは?」


伊東「これはー、香水でーす!」


猪狩「おおー」


伊東「ガリさんが好きなベリー系の!」


猪狩「うわー、それは好き。ありがとう」


伊東「あとねっ!もうひとつあるんだけど…」


猪狩「なに?」


伊東「16歳になったガリさんには…

























コソッ
わたしをあげますっ////」










「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡