無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

☺︎ 22 -番外短編-


☺︎ 伊東side


猪狩「ああ伊東、またほっぺたにクリームつけてるやん」


『ん?』


猪狩「もう、どんな食べ方したらこんなとこにつくんだよ」


『えーどこー』


ペロッ


えええ猪狩さん???


いま何しましたかあなた


『え?!あ?!うん?あ、ありがとう!』


猪狩「ん?どうした?顔赤いぞ~」


『なっ、んでもない!』



実はいま、ガリさんと久しぶりのデートで原宿に来ております




ほーんと、どんな食べ方したらほっぺたにクリームなんてつくんでしょう(?)




え?なに食べてるのって?


クレープよクレープ❤︎


ほんとは食べ歩きしたいのに、ガリさんは


「伊東すぐ服よごすからだめ!」って言うんだもの、、泣



道の端っこで食べてますよ←




トントン


ん?



ふりかえると高校生くらいの男の子が2人後ろに立ってて、、


男「あ、あのっ、いとちゃんですか?」


『はい!伊東あなたです!』


男「俺たち、ファンなんです!」


オトコ「握手してもらってもいいですか!?」


『ほんと!?ありがとう』



手を差し出す



男「はあぁあ、やべえ、俺もう手洗えない」


オトコ「あの…僕たかとっていうんですけど、あだ名つけてもらいたくて」


『全然いっ……』


!? ガリさんの手が口に…!?


猪「よくないです、ごめんなさい」


『ちょ、、、え??』


急にスピード出すもんだから、

びっくりしすぎてなにがなんだか…


猪「妬いたの。ファンの子でもほかの男のしかも知らない人の名前呼んでほしくない」


なんてうつむきながら言うから、


怒られるかなとか思いながらものぞきこんで


『そんなにわたしが大好きかあ~?』


って言ってやった









シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

沙綺 🦖
沙綺 🦖
沙綺(サアヤ)と申します~ ➤ 【 🦖 】 紅一点ばっか書いてます☺︎ ❤︎¦ 岩 本 照 ❤︎¦ 金 指 一 世  ❤︎¦ ジ ェ シ ー 同担さん回れ右 更新🐢です 𝐈𝐧𝐬𝐭𝐚𝐠𝐫𝐚𝐦 ➤ @_iiis___
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る