無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

chapter6
酷いよ、山名さん_




















両家顔合わせの食事会の後









黒崎の父親
麗奈と祥太郎くんにお知らせがあるのだけど…
山名の母親
それは、私の方から申し上げますわ。
祥太郎、麗奈ちゃん。
来週からあなた達は一緒に住んでもらいます。
お義母さん、喜んで貰えるように立派なお家選んだの。
どうかしら?
黒崎麗奈
はい?
山名の母親
だからね、もう一度言うけど、
来週から、祥太郎と麗奈ちゃんは一緒に住んでもらいます。
は?えっ?




私が山名さんと…







同居!?













無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理














8個上の人と同居はプレッシャー強いから!

















慌てふためく私を見かねた、お母さんが
山名の母親
麗奈、こんないいお話ないわよ。
お母さんは大賛成よ。
(麗奈、分かってるわよね。これは政略結婚。
やるべき事はさすがにわかってるわよね?
それに、奥野もいかせるから!いいでしょ?)←小声
奥野も来てくれるの!?








嬉しいっ!








奥野がいるなら同居してみてもいいかもしれない!
黒崎麗奈
承知致しました、お義父様、お義母様。
山名さん、宜しく御願い致します。
山名の父親
それは良かった!

今日は2人でホテルに泊まりなさい。
もう部屋は取ってあるから。
私達は話し合わなければいけないことがある。
もう遅い時間だし、麗奈ちゃんは学校があるでしょう。
明日は、ホテルから学校に行きなさい。
黒崎麗奈
えっ!?
ななな 何故!?
山名の母親
麗奈っ!
山名さんが親切に部屋を取って下さったのよ!
今日は、祥太郎さんと一緒に泊まりなさい。
山名祥太郎
麗奈ちゃん、どうかな?
予行練習だと思って
一緒に泊まらない?






そんなに言われたら…








黒崎麗奈
了解しました。
皆様、おやすみなさい。
山名祥太郎
おやすみなさい。
両親
おやすみなさい。













この時は、全然気づいていなかった。

私を利用して大儲けをしようと思っている

お母さんとお父さんの企みに。







山名さんの性奴隷に

なってしまうことに。






お義父様と、お義母様が

お父さんの会社を潰そうとしていることに。





















帰り際、山名さんがご両親と話されていた

会話にも。