無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

562
2021/12/15

第79話









少し目線を泳がせながらも、自分のフォークに料理を載せて彼の口元へ運ぶと、ぱくっと口に含んだ。






ウォヌ
ウォヌ
ん、美味しい






そのまま、また食事を再開するウォヌ。






平然を装うが、彼が口をつけたフォークを見詰めて手が止まる。






ウォヌ
ウォヌ
あ…シウォン、こういうのダメだった?ごめん






彼の心配そうな声が聞こえ、視線を向けた。






眉尻を下げ、首を傾けていた。







ウォヌ
ウォヌ
潔癖とか、?
シウォン(me)
シウォン(me)
え?ああ…ううん、大丈夫だよ
シウォン(me)
シウォン(me)
今まで仲良い友達とかいた事なくて、こういうことあんまりして来なかったから、驚いただけ






はは、と曖昧に口角を上げて誤魔化した。






間接キスで頭がいっぱいなんて、そんなこと言えない。






ウォヌ
ウォヌ
そっか、ごめん 
シウォン(me)
シウォン(me)
大丈夫、ヒョンだから






僕がそう言うと、口角を上げて何も言わずに手元へと視線を落とした。






元々別に潔癖症では無いし、仲の良い人なら大丈夫。






異性となるとまた話は別だけど、僕は今男だから仕方ない。






やはり、SEVENTEENの13人は本当の兄弟のような関係なんだなと感じる。













다음