無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

601
2021/12/06

第74話










元々インドア派で家でじっとしていることが多い僕にとって、12時間のフライトはあまり苦ではなかった。






備え付けのモニターで映画を見たり、スマホを弄ったり、ジョンハンさんとひそひそ話をしたり、ご飯を食べたり、眠ったりと、快適に過ごした。






「 間もなく当機は着陸体勢に入ります。」





空の旅もそろそろ終わるようだ。






12時間過ごした座席の周りを綺麗に片付けて、持っていた除菌のシートで使ったテーブルやモニターのリモコンなどを拭いた。






ジョンハン
ジョンハン
マメだねぇ






先程まで寝ていたジョンハンさんは少し眠たそうなトロンとした目でぼうっと此方を眺めていた。






僕は、口角を上げて彼の周りも手の届く範囲で片付ける。






ジョンハン
ジョンハン
ありがと〜






欠伸を噛みつつ、ぐぐっと伸びをしたヒョンはバケットハットを深く被り、黒いマスクをつけた。






ジョンハン
ジョンハン
シウォンはまた別行動だね〜
シウォン(me)
シウォン(me)
早く皆さんと一緒に外出たいです…
ジョンハン
ジョンハン
そうだねぇ、今月末には公表されるからそれまでは我慢だね






僕も被ってきたキャップを被り、マスクをつけた。













다음