無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

569
2021/12/06

第76話








何をしていても落ち着かない。






スマホで時間を確認すると、18:30。






ずっと心臓が少しだけ早い。






ウォヌ
ウォヌ
この机使っていい?






ウォヌさんの方を振り向くと、壁に向かって置かれたドレッサーのようなものを指差して首を傾けていた。






シウォン(me)
シウォン(me)
いいよ、






そう言うと、彼はそこに持ってきていたパソコンを置いた。






シウォン(me)
シウォン(me)
パソコン持ってきたの?






ノートパソコンを開き、電源を入れるヒョン。






ウォヌ
ウォヌ
うん。いつも持ってくるよ
シウォン(me)
シウォン(me)
なんのために?
ウォヌ
ウォヌ
映像弄ったり、ゲームしたり、?
シウォン(me)
シウォン(me)
映像やってるの?
ウォヌ
ウォヌ
少しだけね、勉強したくて






ノートパソコンの押し込みの浅いキーボードをぱちぱちと打ち始める。






シウォン(me)
シウォン(me)
どんな映像?






僕はドレッサーに近いウォヌのベッドに上って画面を覗いた。






ウォヌ
ウォヌ
自分が撮った景色の写真とか映像を組み合わせて、そこにオシャレなエフェクト掛けて






こんな感じ、と編集画面を見せてくれる。






シウォン(me)
シウォン(me)
へぇ…、すごいね






タイムラインに動画と画像が並んでいて、それらに様々なエフェクトがかかっていた。






ウォヌ
ウォヌ
興味ある? 
シウォン(me)
シウォン(me)
ある、僕も写真好きだから






じっと編集画面を眺めていると、ふふっと柔らかい笑い声が聞こえる。







ウォヌ
ウォヌ
ミンギュと3人で、勉強しに行く?






彼の顔へと視線を移して、こくこくと何度も頷いた。






ウォヌ
ウォヌ
撮影の空き時間とか、写真撮りに行くか
シウォン(me)
シウォン(me)
でも、僕カメラない
ウォヌ
ウォヌ
貸すよ 






椅子から立ち上がってスーツケースから2台の一眼レフカメラを取り出し、テーブルに並べる。






ウォヌ
ウォヌ
使いやすいから、これ3日間貸すよ 
シウォン(me)
シウォン(me)
あ、ありがとう…!
ウォヌ
ウォヌ
そろそろ時間かな、シウヒョンのところ行こう 






使い方後で教えるから、と口角を上げて部屋の扉へと向かうウォヌさんの後ろを追い掛けて歩いた。















다음