無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

1,092
2021/12/05 16:09









ジョンハン
ジョンハン
あ、シウォンが隣だ






ひら、と手を挙げて被っていた帽子を外すジョンハン。






約12時間のフライトを共にするのは彼のようだ。






こんなに長時間飛行機に乗るのは初めてだったから、彼が隣で、なんとなく安心した。






最近はメンバーとも仲良くなり、よく話すようにはなった。






でも、1ヶ月じゃ相手のことを、ましてや13人のことを知ることは不可能。






ジョンハンさんはいつも僕を気にかけてくれた。






自ずと話す回数も増え、心を開きつつあった。






間もなくして飛行機が離陸。






三半規管の弱い僕はこの瞬間が1番苦手。






揺れが落ち着いた時、ジョンハンさんが荷物から小型のカメラを取り出す。






ジョンハン
ジョンハン
シウォナ、挨拶して






カメラをこちらに向けるヒョン。






シウォン(me)
シウォン(me)
あ、…えと、こんにちは?






弱く曖昧に掌を上げる。






ジョンハン
ジョンハン
ぎこちないㅋㅋ






会社から渡されたカメラらしい。






後でコンテンツとして使うとかなんとか。






ジョンハン
ジョンハン
さっき離陸の時のシウォンの顔撮っておけばよかった
シウォン(me)
シウォン(me)
やめてください、






ひひ、と上下の歯列を見せて笑っている。






ジョンハン
ジョンハン
カメラここに置いておくね






僕と彼の座席の間にはサイドテーブルが付いていて、その端へとカメラをセットするヒョン。






機内は3列になっていて、両端に1人用の座席、真ん中は僕達が座る列で、テーブルを挟んで2席がくっついていた。






シウォン(me)
シウォン(me)
これずっと回しておくんですか?
ジョンハン
ジョンハン
うん?まぁ暗くなったりあまりにも変わらない絵だったら消すよ。ご飯の時とかはつけようかな






あまり大きな声で話せず、サイドテーブルに肘をついて、こちらに身体を傾けながら僕の耳元に口を近づけて話すジョンハンさん。






カメラの画面に映る彼の横顔がとても綺麗だった。
















다음