無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

557
2021/12/23

第83話









スングァン
スングァン
わ、シウォンかっこいいね






着替えとメイクを終え、ビルの屋上でみんなと合流すると、僕の周りに人が集まる。






ジュン
ジュン
メイクが生える顔だね〜、






僕の顔をじっと見つめるヒョン達。






思えば、しっかりと映像映えするアイドルメイクをして貰ったのは初めて。






風に吹かれる髪を整えに来たヘアメイクさんに手鏡を貸してもらい、自分の顔を確認したが、ちゃんと男性アイドルの顔になっていた。






メイクってすごい。






シウォン(me)
シウォン(me)
ヒョン達もかっこいいよ、






さっきまで寝起きでぼやけた顔をしていたヒョン達も、バチバチのメイクをしていると、とんでもないオーラがある。






間もなくして撮影が始まった。















スタッフ
カット、確認します






カメラの位置を変えたり、照明の角度を変えたり、何回も何回も踊る。






スタッフ
OKです。次カメラのレールこっちから!
スタッフ
メンバーの皆さんは、少し休憩してください






何の妨げもない屋上に降り注ぐ太陽光は容赦なく僕らの肌を焼いていく。






休憩の度に日焼け止めを塗り直した。






スタッフさんが持ってきてくれた日傘の影に収まるようにしゃがみこんで、撮影が再開されるのを待つ。






スングァン
スングァン
シウォナ〜おいでー






顔を上げると、スングァンが手招きして僕を呼んでいる。






はい!と返事をして立ち上がった時、目の前が揺れる。






思わずもう一度その場に座った。






スングァン
スングァン
!?、大丈夫?






たたた、とこちらに近付き、僕の身体を支えるように肩を抱いた。






シウォン(me)
シウォン(me)
立ちくらみ
スングァン
スングァン
暑いしね…
シウォン(me)
シウォン(me)
ん、大丈夫
シウォン(me)
シウォン(me)
貧血気味なんだ
スングァン
スングァン
あいご、そうなの?
後でサプリあげるね
シウォン(me)
シウォン(me)
持ってるの?ㅎ
スングァン
スングァン
何でも持ってるよ!






もう大丈夫、ひらりと手を挙げてゆっくりと自分の力で立ち上がる。






スタッフ
お待たせしました!メンバーさんお願いします!







スタッフの声が聞こえ、全員がまた位置に着く。






スタッフ
さっき正面固定だったので、レールで移動しながら撮りますが目線気にせず踊ってください
スタッフ
 Bメロでウジさん追います






はい!と揃った僕らの返事が響く。






撮影は照明との連携が大切。






照明の調節に1番時間をかける。






暫く光の加減を探っていた。






ドギョム
ドギョム
シウォン、体調悪い?






待機していると立ち位置の近いドギョムが声を掛けてくる。






イントロの位置は上手寄りの後ろ。






ドギョムとスングァンに挟まれる形で立っている。






シウォン(me)
シウォン(me)
ん?ああ、大丈夫






僕は心配かけまいと口角を上げる。






シウォン(me)
シウォン(me)
慣れてないだけ






音出ます、と声が聞こえ口を噤み曲の世界に入り込む。















다음