無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

Four
もも
もも
あなたは…
もも
もも
やってないよね??
you
you
うん…
さな
さな
じゃあさ、なんでこうなったか教えてくれる??
みな
みな
教えてくれたら、たっくさん泣いていいから。ね?
you
you
分かった…
you
you
最初ね…


それから私はたくさんオンニ達に話した。
もも
もも
あなた、教えてくれてありがとう。
さな
さな
防犯カメラあったから見てみる??
みな
みな
そうするか。



防犯カメラを見ると、ソユンが自分で指を切っている姿が映っていた。
もも
もも
やっぱりか…
さな
さな
少し話したことあったけど、闇抱えてそうだったもん。
みな
みな
だよね…
もも
もも
突き詰める??
you
you
オンニッ…
you
you
大丈夫…
もも
もも
え…??




どうせ私は"嫌われる存在"なんだから…


→NEXT