プリ小説

第39話

静かな世界に住む少年 〜4〜
福留 リサ
いつもいつも酷いんだよ〜!
帰り道、リサの話に相槌を打ちながら、僕はスマホで会話を進めていく。
「でも、何でそうなったの?」
福留 リサ
何で?う〜ん…まぁ、秘密!
「う、うん?」
福留 リサ
ハヤトは気にしなくていいよ!
「そっか、分かった。」
すると、リサは何か思い出したように鞄からスマホを取り出すと触りだした。
「?」
福留 リサ
ここ見て!
リサが見せたのは、遊園地の写真。
僕は遊園地に行っても何も聞こえないから楽しくないって印象があって行ったことがない。
福留 リサ
今度、一緒に行かない?耳が聞こえるなら楽しめるんじゃないかな?
その質問に僕は首を縦に振る。
福留 リサ
よしっ!じゃぁ、明日とかどう?学校が休みだし、天気予報も晴れだし!
「うん、大丈夫だし行こう。」
福留 リサ
また明日、迎えに行くからね!
優しい笑顔を向け、リサが手を振る。
僕も振り返すと分かれて家へと入って行った。
次の日、リサが家に来て一緒に家を出る。
学校行事以外の時に電車に乗るのが初めてで、少しだけドキドキした。
無事に遊園地に着くと、リサが嬉しそうに遊園地内の案内マップを広げる。
福留 リサ
ねぇねぇ!ハヤトはどれに乗りたい?遊園地とか初めてだし、いろんなのに乗りたいよね!
リサの発言に頷き、スマホをいじる。
「ジェットコースターと観覧車?ってやつに乗ってみたいな。」
福留 リサ
おぉ!遊園地の顔だね!そうだねぇ…ジェットコースターは混むから先に乗って、観覧車はもう少し後になってから乗ろっか。それまでは他ので遊ぼ!
手を引かれ、歩き出す。
最初にジェットコースターっていうのに乗った。
凄い早くて、息が詰まりそうだった。
でも、楽しい乗り物だった。
あとはコーヒーカップとお化け屋敷と空中ブランコと……とにかく色んなのに乗った。
夕方になり、乗りたかった観覧車に乗る。
福留 リサ
初めての遊園地、どうだった?
「凄い楽しかった、来て良かったよ。」
福留 リサ
私も!また来ようね!
笑顔で話すリサ。すると、ふと思い出したように…
福留 リサ
…でも、本当に耳が聞こえるようになって良かったね。かなり生活が楽になったでしょ?
「うん。授業にも参加出来るようになったしね。」
福留 リサ
私は神様なんていないと思ってたけど、生まれつきの耳が治ったのを見るといるのかなーって思う。
神様がいるんじゃないかと言い出した。


神様なんかいても奇跡は起こしてくれないよ…
僕を見捨てたんだ。でも…


「天使と死神はいると僕は思うよ。」
福留 リサ
天使と死神?
「うん。」
福留 リサ
どうして?
「天使と死神が奇跡を起こすから。」
画面を見せたら、リサが驚いた顔をした。


でも、スグに笑って…
福留 リサ
あはは、そっか。ハヤトの耳は天使さんと死神さんが治してくれたんだね。まぁ…神様でも天使や死神でも耳が治ったことは本当に良かった。
まるで自分のことのように喜ぶリサ。
「ありがとう。」
そうスマホに打って、リサに見せようと思ったけど画面を見たまま動きは止まった。
お礼も口で言うことが出来ないのか…。
声と引き換えに耳が治ったからしょうがないよね…
そんなことを思ってしまう。
スマホから外に視線を移すと、夕日が沈む。
福留 リサ
あ、もう着いたね。帰ろっか。
地上に着き、帰るために駅へ。
ホームで電車が来るのを待つ。
そして、電車に乗って帰る。
……ただそれだけだと思っていた。
でも…
[1番ホームに特急列車が通過いたします。安全のため、黄色い線の内側に入ってお待ちください。]
僕は駅員のアナウンス通りに一歩後ろへ。
なのに…
福留 リサ
……。
フラっと揺れたと思うと、リサはそのまま特急列車が近付く線路の方へと倒れた。
僕は手を伸ばすも虚しく、するりと通り抜けた。
キィィィィッ〜〜〜〜〜!!!!!
列車が急ブレーキをかける音と、警笛の音が僕の脳に響き渡る。
ゴッ……!!!
目の前で血塗れになったリサ。
何で落ちたのかは全く理解が出来ない。
何故か血で濡れているリサの顔は微笑んでいるようにも見えた。
野瀬 ハヤト
…………リ、サ……?
聴力と引き換えに失った僕の声。
どうしてか分からないけど、言葉が"声"になった。
目から涙が溢れて、拭っても拭っても溢れ続ける。
もっと早く言葉が"声"になったなら…
何回も"声"にならなかった言葉をリサに言えてたのかもしれない……
…ねぇ、リサ。いつもいつも……
野瀬 ハヤト
あ、りが…とう…っ……!
それだけを言うと、その場に膝を付き、ただただ僕は泣き続けていた……

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品をお気に入りにしてくださっている方 ありがとうございます!! こんにちは!✨舞✨です! 更新日の目標:1日1話 《連載中》 『神は僕達を見捨てました』『僕の夢は未来の世界』 『下剋上教室 2学期』(下剋上教室の続きで書いています) 《休載中》 『GAME OVER』 《完結》 『DEATH GAMEシリーズ』 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『DEATH GAME Return』『君達の投票で命は決まる』 『死神の後継者』『学校閉鎖』『天才ゲーム』 『下剋上教室』 専用タグ↪︎✨舞✨ 主に👻ホラー👻を投稿します! いつも僕の作品にいいね!やコメントをしてくれる方 ありがとうございます! 応援のコメントを読んでいると物凄く嬉しくなります! 『✨舞✨の掲示板』 主に僕の作品の連絡、紹介などをしたいと思います! あらすじ等も作品よりも詳しく書く予定です!