プリ小説

第4話

いじめを受ける少年 〜3〜
翌日、僕は少し不安になりながら学校へ。
これでもし、またいじめられたら…
僕が大損したことになるよね…
教室へと1歩踏み出す。
すると…
男子
お、ユウ。はよー
女子
藤堂君、おはよ〜!
僕には何も聞こえていない。しかし、
「お、ユウ。はよー」「藤堂君、おはよ〜」
という文字が見えた。
藤堂 ユウ
おはよう。
いつもくらいの声の大きさで言い、自分の席
へと向かう。
僕の席まで行くには桃井の席の前を通らない
といけない。
少しビクビクしながら通ろうとすると、桃井
と目が合ってしまった。
桃井 ミサキ
藤堂。
僕の目の前に文字が浮かび名前を呼ばれた。
藤堂 ユウ
はい。
桃井 ミサキ
どうして、敬語?おはよ。
藤堂 ユウ
お、おはよう!
桃井は僕が敬語だったことに驚いたようだ。
今思えば、桃井から僕に初めて挨拶をされた
かもしれない。
あぁ、僕の世界は変わり始めているんだ。
神様は僕を見捨てても、あの子達は…天使と
死神は僕のことを見捨てなかったんだ。
そう思うと、心が軽くなった。
耳は聞こえないけど、僕にはみんなが言って
いることが文字として見える。


これなら何とか生活が出来そう…
聴覚を失うからみんなが何を話しているのか
が分からないと思ったけど…天使のあの子は
優しいなぁ…
耳が聞こえなくなって初めての休み時間。
「藤堂君!」
好きなボカロ雑誌を読んでいた時に目の前に
見えた僕の名字。
横を向くと、同じクラスの平坂ひらさかさんが立って
いた。
藤堂 ユウ
平坂さん、どうしたの?
平坂 メグミ
「藤堂君が読んでいるのって、
昨日発売されたばかりのボカロ
雑誌だよね!」
藤堂 ユウ
うん、そうだよ。
平坂 メグミ
「私もその雑誌好きなんだ!」
平坂さんは楽しそうに話している。


僕の中で平坂さんは運動命でこういう方には
興味が無いという印象が強かった。
藤堂 ユウ
そうなの!?
平坂 メグミ
「うん!けどね…」
藤堂 ユウ
けど?
平坂 メグミ
「何かボカロ好きな人って何故
かオタクとか言われるでしょ?
それで学校とかで話が出来なく
てさぁ…」
藤堂 ユウ
あー、その気持ち分かるよ。
確かに何故かボカロ好きはオタクとか言う人
がいる。何で好きなものを見たり読むだけで
オタクと言われるのかが僕は理解出来ない。
平坂 メグミ
「藤堂君!ボカロ仲間として、
私と友達になってよ!!」
藤堂 ユウ
え…
僕に友達なんか出来たことがない。
「友達になろう」なんて初めて言われた…
平坂 メグミ
「駄目かな?」
首を傾げながら平坂さんが僕を見る。
藤堂 ユウ
ぼ、僕で良かったら…!
平坂 メグミ
「やった〜!ありがとう!これ
からは一緒にボカロのいいとこ
語ったりしようね!」
藤堂 ユウ
うん!
僕の聴覚と引き換えに手に入れた、いじめの
ない学校生活。
今までいなかった友達も出来て、嬉しい。
耳は聞こえなくても話すことが目に見えたら
それだけいいと思った。
昼休みになると、平坂さんが一緒に昼ご飯を
食べようと言いに来てくれた。
一緒に食べながらボカロの話をしたりして、
僕は今までに体験したことがない楽しさを
感じることが出来たのだった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品をお気に入りにしてくださっている方 ありがとうございます!! こんにちは!✨舞✨です! 更新日の目標:1日1話 《連載中》 『神は僕達を見捨てました』『僕の夢は未来の世界』 『下剋上教室 2学期』(下剋上教室の続きで書いています) 《休載中》 『GAME OVER』 《完結》 『DEATH GAMEシリーズ』 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『DEATH GAME Return』『君達の投票で命は決まる』 『死神の後継者』『学校閉鎖』『天才ゲーム』 『下剋上教室』 専用タグ↪︎✨舞✨ 主に👻ホラー👻を投稿します! いつも僕の作品にいいね!やコメントをしてくれる方 ありがとうございます! 応援のコメントを読んでいると物凄く嬉しくなります! 『✨舞✨の掲示板』 主に僕の作品の連絡、紹介などをしたいと思います! あらすじ等も作品よりも詳しく書く予定です!