プリ小説

第16話

とても貧乏な少年 〜4〜
夕凪家は想像以上に凄かった。
基本的に何でもあるし、とにかく広い。
最初は敷地内で何回も迷って、部屋の場所を
覚えるのがかなり大変。
貧乏だった俺には初めて見るものばかりだ。


今まで使って反応の鈍ったスマホは夕凪さん
と同じ最新機種に替えてくれた。
最新のスマホを持った俺は、画面を触って、
スグに反応するとか凄いなぁ…ってとにかく
感心した。
夕凪さんも改めて喋ると、とても優しくて、
趣味も合う凄くいい人だった。
夕凪さんと付き合い始めて数ヶ月後…
夕凪 ヒカリ
ショウ!待って待って〜!
村雨 ショウ
早くしないと置いて行くぞ、
ヒカリ。
下の名前で呼び合うまで仲良くなった俺達。
今ではすっかりお似合いカップルとして、
校内で知られていた。
今日はヒカリが買い物に行きたいと言い、
その付き添いをすることに。
夕凪 ヒカリ
ねぇ!ここ行こ!
村雨 ショウ
ああ、いいぞ。
ヒカリは楽しそうに店に入っていく。
俺はヒカリの家に住むことによって、金持ち
になったが、ヒカリに何かをプレゼントする
時はアルバイトして貯めた金で買っていた。


ヒカリは最初、驚いていたけど、そっちの方
が嬉しいようだ。
夕凪 ヒカリ
どっちがいいと思う?
村雨 ショウ
う〜ん…こっち?
夕凪 ヒカリ
じゃあ、こっちにする〜!
一日中、遊んだ俺達。


喫茶店でお茶をしているとヒカリが…
夕凪 ヒカリ
あとでショウにプレゼントが
あるの!
村雨 ショウ
プレゼントって?
夕凪 ヒカリ
秘密〜!帰ってからのお楽しみ
だよ。
ヒカリはいたずらっ子のように笑う。
俺はヒカリからのプレゼントだったら何でも
嬉しいから特に気にしなかった。
家に帰ると、ヒカリに目隠しをされる。
夕凪 ヒカリ
そこ階段だから気を付けて!
村雨 ショウ
了解。
何も見えない俺の手を引き、階段を降りる。
夕凪 ヒカリ
……よしっ!着いたよ!
目隠しを外され、俺の目に入ったのは、ただ
の部屋。
前と後ろにドアが1つずつある。
村雨 ショウ
ここは?
夕凪 ヒカリ
ショウって憎くて復讐したい人
達がいるんでしょ?
村雨 ショウ
え…?
ヒカリの口から出た”復讐”という言葉。
その言葉を聞いた瞬間、数ヶ月前に出会った
天使と死神を思い出す。
夕凪 ヒカリ
何か私達と同じくらいの金髪の
子が言ってたの!「ショウ君は
憎くて復讐したい人がいる。」
って。
村雨 ショウ
金髪の子…。
あの天使のことか?
そんなことを思っていると、ヒカリが目の前
のドアの前に立ち、ゆっくりと開けた。
夕凪 ヒカリ
だからね?この人達はショウの
好きなようにしていいよ!
暗い部屋、中には椅子が二脚置いてある。
その二脚にはそれぞれ男女が座っていて、
椅子に拘束されていた。
夕凪 ヒカリ
どうぞっ!ショウの両親さん、
悲鳴を上げてもここなら周りに
聞こえないし、殺しても片付け
の話はもうしてるから!
椅子に拘束されていたのは、俺の両親。
憎くて憎くて堪らない。顔も見たくない。
部屋には拷問器具のようなものがある。
ノコギリにトンカチにナタに、ペンチに…
村雨 ショウ
…ありがとう。
夕凪 ヒカリ
どういたしまして!終わったら
教えてね!
村雨 ショウ
ああ、勿論。
ヒカリが部屋から出て、ドアを閉める。
俺は両親の耳栓を外した。
村雨 ショウ
……なぁ。
母さん
その声はショウ!?早くこれを
外しなさい!!
声を出し、スグに叫ぶ母さん。
父さんは黙って俯いていた。
村雨 ショウ
うっせーんだよ。
トンカチを手に取り、思いっきり母さんの手
に向かって振り下ろす。
ボキッ…!!
母さん
きゃあああぁぁぁぁぁ!!!
骨の折れる乾いた音。
そして、母さんの悲鳴が同時に聞こえる。
村雨 ショウ
お前らのせいで!俺は!あんな
生活を送るハメになったんだ!
怒りを口にしながら、親を殴る俺。
いつしか家族で何かしたような…?
思い出せないけど、まぁ、いっか。
きっと、それ程、いい思い出じゃなかったに
違いない。
今の…ヒカリとの生活が楽しいんだから。
両親への恨みを力にし、殴り続ける。
暫くすると、2人の悲鳴は無くなった。
服は血で染まり、肉は腫れ、酷いところでは
骨が見えている。
ドアを開ける。ヒカリは本を読んでいた。
村雨 ショウ
ヒカリ、終わったよ。
夕凪 ヒカリ
了解!かなり汚れちゃったね。
お風呂に入って来たら?
両親の返り血に染まった俺。
髪からも返り血がポタリポタリ…と垂れて
いた。
俺の願いを叶えてくれた天使と死神。
本当にありがとう。
神は見捨てたけど、お前らは見捨てない。
こんなチャンスをくれて凄い嬉しかった。
いつか寿命が尽きて死んだら、今度はこんな
ゴミみたいな親じゃなくて普通の親のとこに
生まれたいよ。
村雨 ショウ
…ヒカリ。
夕凪 ヒカリ
ん?
村雨 ショウ
今回の最高のプレゼントだよ。
ありがとうな。
両親の返り血に染まった俺は復讐を達成した
喜びとプレゼントの嬉しさに、笑顔でヒカリ
にそう言ったのだった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品をお気に入りにしてくださっている方 ありがとうございます!! こんにちは!✨舞✨です! 更新日の目標:1日1話 《連載中》 『神は僕達を見捨てました』『僕の夢は未来の世界』 『下剋上教室 2学期』(下剋上教室の続きで書いています) 《休載中》 『GAME OVER』 《完結》 『DEATH GAMEシリーズ』 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『DEATH GAME Return』『君達の投票で命は決まる』 『死神の後継者』『学校閉鎖』『天才ゲーム』 『下剋上教室』 専用タグ↪︎✨舞✨ 主に👻ホラー👻を投稿します! いつも僕の作品にいいね!やコメントをしてくれる方 ありがとうございます! 応援のコメントを読んでいると物凄く嬉しくなります! 『✨舞✨の掲示板』 主に僕の作品の連絡、紹介などをしたいと思います! あらすじ等も作品よりも詳しく書く予定です!