無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
173
2021/01/06 06:40







''私''は目覚ましの音とともにゆっくりと目を覚ます










''私''は慣れた手つきでスマホをいじると、今日もアプリを起動する。










カーテンからでる日差しが眩しいのは気にしないでおこう









''私''を呼ぶ母の声も家の外から聞こえるクラスメイトの声も全てを無理矢理遮断する。












全ての感覚から感じる『痛み』『苦しみ』『怒り』『疲労』を無視し、''私''はコレを読むことだけに集中する。










これが''私''の毎日









これが''私''の生き方








だから、あなたにつべこべ言う資格はないからね?









''私''は今日も
















''プリ小説を読んでいる''





















語り手
語り手
さぁこの物語の主人公である''私''
語り手
語り手
早速登場してきましたね(​ *´꒳`*​)
語り手
語り手
''私''という人物を少しばかりまとめてみました
語り手
語り手
とある部屋で目覚める
クラスメイト&母に呼ばれているが無視(引きこもりの可能性が大きい)
プリ小説の愛読者
痛みなどを抱えている
語り手
語り手
情報量が圧倒的に少ない謎の少女ということですね
語り手
語り手
この後どのような展開が待ち受けているのでしょうか
語り手
語り手
とても興味深いですね












Next➥
作者:テニ
作者:テニ
スクロールお疲れ様(​ *´꒳`*​)
作者:テニ
作者:テニ
この作品を見てくれてありがと(​ *´꒳`*​)