無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,700
2020/05/12

第8話

はち
時透無一郎
時透無一郎
っと、大丈夫?
あなた
無一郎、、ごめん
時透無一郎
時透無一郎
で、何の騒ぎ
モブ子
無一郎くぅん、そんな子と居ない方がいいよぉ?w
浮気した上に人のせいにしたんだからっ!!
モブ子
最低よねぇ、、w
時透無一郎
時透無一郎
ふーん
何を根拠に言ってるの
モブ子
和也がっ!
時透無一郎
時透無一郎
へー、それだけ
君たちそんなに頭弱かったんだww
まぁいいよ、僕だけがあなたを信じれば
鈴美 小雪
私を外さないでくれない?
時透無一郎
時透無一郎
ごめんごめんw
あなた
ありがとう
時透無一郎
時透無一郎
じゃあ帰ろ
あなた
あ、うん
モブ子
ねぇちょっと!!
ガシッ(無一郎の腕を掴む
時透無一郎
時透無一郎
触らないでくれる
モブ子
時透くんは騙されt..
時透無一郎
時透無一郎
知らない
あなたを虐めるやつが話しかけんな
いっとくけど危害加えようとしたら二度とそういう考えが出来ないようにしてあげるから
モブ男
そんなヒョロじゃできないだろw
モブ男
女みたいなんだからw
時透無一郎
時透無一郎
じゃあやってみる?
片手で腕折るくらいは出来るけど
モブ男
、、、俺と腕相撲で勝負しよう
時透無一郎
時透無一郎
いいけど
モブ男
手加減してやれよぉw
ちなみにこの人はクラスで1番強い人だ


なのに、、無一郎は表情1つ変えずに勝ったのだった
モブ男
今のは本気じゃねぇからよ
時透無一郎
時透無一郎
めんどくさいから本気でやってよ

はい
2回戦目も無一郎の勝ち

いつの間にか女子たちは黄色い声援をあげていた
時透無一郎
時透無一郎
はい、これでわかったでしょ
あなた帰ろ
その時廊下から教室を見ている人を見つけた
モブ子
和也じゃん!!
彼女
かずやぁ♡
なにしてんの?
モブ子
え、誰?
元彼
あぁ、、えと
彼女
彼女のみいかでぇす♡
和也とはぁ、1ヶ月前からお付き合いしてイチャイチャチュッチュしてまぁす♡
元彼
おいみいかっ!
鈴美 小雪
ねぇ、1ヶ月前って
あなた
うん
全然まだ付き合っていた

別れたのはつい最近

そう言えば冷たくなったのってそのくらいの時からかなぁ、、
モブ子
はぁ?
あんたこないだまだあなたが好きだって言ってたよね?
元彼
いや、それは
彼女
かずや??
なに?それ
あなたってだぁれ?
元彼
いや、ちがっ
あなた
私があなたです
3ヶ月前から付き合って2週間前に別れました
彼女
2週間前?
その時にはみぃと
元彼
うわぁぁぁ!!!
違うんだ!!!
違う違う!!
あなた
なにが
モブ子
あんたが嘘ついてたわけ
彼女
二股??
あなた
くず
モブ子
せっかく心配してあげたのに
彼女
最低
私は怒りで筆箱からカッターを取り出した

カリカリと刃を出す
鈴美 小雪
あなたそれはやめろww
あなた
はーい
仕方ないのでそれは戻す

歩いて和也に近づいた
ベチンッ
教室に私のビンタの音が響く
ベチン

ベチン
と、その後音が2つ続いた

和也は目に涙を浮かべて走っていった
彼女
もう別れてやるぅ!!!
さいってー!!!!
彼女はそう叫んでいた