無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3,139
2020/06/16

第14話

じゅうよん
むいっちろが私のこと!?
うそっ!?
ちょっと落ち着け
なんかの間違いかもしれない
浮かれるなっっっ
なんとか自分を戒める

なぜかって?
だって
あなた
ありえない、、、
時透無一郎
時透無一郎
は?
無一郎が?
完璧王子枠の無一郎が私を?
王子が庶民を?
そんなの信じられるはずがない
あなた
な、えぇぇとですね
あなた
かんっっ!ちがいをしておられるのでは?
途中で声が裏返ったのも気にしない
時透無一郎
時透無一郎
ばかにしてる?
軽蔑したような目で見下された
ひぃ怖い
時透無一郎
時透無一郎
何でそんな疑うわけ?
あなた
いやぁ、、、、
確かにね、辻褄が合わないことも無いんですよ
帰り道の「助けられなかった」発言、私の騒動の間近だったし
バイトの件もそうだし
写真のことだってそう
愛されてるって普通なら勘違いするかもしれない

けどっっっ!!!!
あなた
月とスッポン
無一郎はキョトンとした
珍しく間の抜けた顔をしている
時透無一郎
時透無一郎
は?
そう返されるけどね
似合ってるんですよこの言葉
無一郎と私=月とスッポン
それは否めないんですよねぇぇ