無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

よん
2,935
2020/05/11 01:44
定員さん
あらぁ、あなたちゃんじゃないの
試食コーナーにしたのは近所のおばさんだった
定員さん
あら?
兄弟いたの?
あなた
いないですよ?
定員さん
まぁ!
それじゃあ彼氏?!
あなた
ち、違いますから!/////
時透無一郎
時透無一郎
あなた〜
これ買おうよ
定員さん
ふふっ
仲良くていいわね
おばさんもこんな青春したかったわぁ
うっとりして話を飛躍させているおばさんに
あなた
じゃ、じゃあ!
と逃げるようにその場を去った
時透無一郎
時透無一郎
何そんなに焦ってんの
付き合ってるって思われたから?
あなた
ちがっ!、、くもないけど、/////
あなた
とりあえずさっさと済まして帰ろっ!!
時透無一郎
時透無一郎
そんなに嫌かなぁ  ボソッ
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた
ごめんね、全部持たせちゃって
時透無一郎
時透無一郎
別に
そのために来たし
あなた
ありがとっ!!
帰宅して夕食を作り始めた
無一郎には先にお風呂に入ってもらう
その間に洗濯やら掃除やらを適当に済ませた
時透無一郎
時透無一郎
あっ、ふろふき大根
あなた
うん
好きだったよね?
時透無一郎
時透無一郎
うん好き
はにかんで答える無一郎にドキッとする
あなた
そ、それはよかった、、、/////
時透無一郎
時透無一郎
どうしたの?
顔赤いけど ニヤッ
あなた
なんでも!!
もう食べよ!ささっ!
誤魔化すために無一郎をテーブルへと促す
時透無一郎
時透無一郎
いただきます
礼儀よく手を合わせて言った
時透無一郎
時透無一郎
意外と美味しい、、
あなた
意外とってなに!?
時透無一郎
時透無一郎
できなそうじゃんw
あなた
だから手伝ってたって言ったよね!?
時透無一郎
時透無一郎
そうだっけ
あなた
そうだよ!!!
あなた
あ、そうだ
私バイト始めるから帰り遅くなるんだけどご飯冷蔵庫入れとくからね
先食べてて
時透無一郎
時透無一郎
始める?
なんの?
あなた
んー、、まだ決めてないけどコンビ二とかかなぁ
時透無一郎
時透無一郎
よくない?
帰り危ないじゃん
あなた
大丈夫でしょw
みんなやってるもん
時透無一郎
時透無一郎
だめ
何かあってからじゃ遅いから
あなた
でもさぁ
時透無一郎
時透無一郎
僕とあなたのお母さんがお金定期的に振り込んでくれるんだからいいじゃん
時透無一郎
時透無一郎
あと僕がバイトするからあなたがする必要ない
あなた
なんでそんなに拒むの?
時透無一郎
時透無一郎
そんなの心配だからにきまっt....

危なっかしいから
あなた
心配してくれてんだぁ  ニヤッ
時透無一郎
時透無一郎
っ〜、、
そうだよ
だからやめて
あなた
でもなぁ、、お小遣い稼がないと
時透無一郎
時透無一郎
なら毎回迎えに行く
あなた
え、なんでそこまでしてくれんの
時透無一郎
時透無一郎
心配だから
あなた
なんで?
時透無一郎
時透無一郎
幼馴染だから
やっぱりそうですよねぇ
少し落胆はしたのだがなんやかんや仲良くできたのでよかった