無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

608
2021/07/22

第2話

序章chapter1 消えた娘と謎の女
ここは、人里離れた山奥にある村。エマ村。
そこにはヘルメ王国にある
ギルド【Glanz】(グランツ)※ギリシャ語で栄光。

に所属する青年2人が暮している。
ギルドに所属しているだけあって、腕っ節が強い2人は村の用心棒としても雇われていた。
こたつ
こたつ
あー。暇やのぉ…。
タロー社長
タロー社長
まぁ、暇にこした事はないけどなぁ…。
村への唯一の入口の門番をしている2人だが
何も起きない毎日に退屈していた。
門番
門番
おーい!こたつ!タロ社!
交代や!飯行ってこい!
こたつ
こたつ
おっしゃ!やっと飯やぁ〜
はよ行こタロ社!
タロー社長
タロー社長
おぅ!
昼時、交代の者が来た瞬間、
2人は行きつけの食堂に走って行った。








□□□





ーー食堂



こたつ
こたつ
こんにちは!
あみか〜来たぞぉ〜!
タロー社長
タロー社長
マジ腹減った〜
あみかママ
あみかママ
おぉ!こたつくんにタロ社くん!
いいところに!
こたつ
こたつ
ん?なんですか?
タロー社長
タロー社長
何かあったんですか?
あみかママ
あみかママ
あみか見てない?
朝に薬草取りに行ってもらったんやけど
まだ帰って来てなくて…。門番してた時見てない?
こたつ
こたつ
え!そうなんですか? 
いや……俺らも見てないですね
タロー社長
タロー社長
俺らが門番する前に出たんかもしれんな…。
あみかママ
あみかママ
最近、森の方でモンスターの盗賊団が出没してるみたいで…。あみかが行った所は目撃情報とはかなり離れてるから大丈夫やとは思うんやけど……
タロー社長
タロー社長
それでもやっぱり時間かかり過ぎてますもんね…。
こたつ、どうする?
こたつ
こたつ
もちろん、探しに行くよ。
ママさん、俺らであみか探して来るんでどの辺か心当たりとかありますか?
あみかママ
あみかママ
ほんまに!?ありがとうなぁ〜、
ちょっと待ってな………。ゴソゴソ
多分、この辺で薬草摘んでるはずやねんけど…。
カウンター裏の棚から村周辺の地図を取り出して娘が居るはずの場所を指さす
こたつ
こたつ
わかりました!
あ、一応この地図借りといていいですか?
あみかママ
あみかママ
もちろん!持って行って!
ほんまにごめんね、頼みます!
タロー社長
タロー社長
任されました!こたつ、行こうぜ!
こたつ
こたつ
おぅ!
そして2人は急いで支度し、村を飛び出した。







ーーーーその頃。森では。








あみか
あみか
(うぅ………、どうしよう…)
あみかは今、目の前で気絶している人物を見ながら困っていた。
あみか
あみか
(とりあえず手当てはしたけど、あみかじゃ運べないし…誰か呼びに行こうにもこの人を置いてなんて行けない……)
あみか
あみか
(うぅ……どうしよう……、)
目の前の人物の肩を軽くゆすってみるが反応が無い。本格的にどうしようかと、諦めかけていた時、







ーーーーガサガサッ!!








近くの草むらが音を立てた
あみか
あみか
ひっ……!!
(ど、どうしよう!、今、モンスターの相手なんて無理だよ〜)
あみかが泣きそうになりながらも杖を構えたその時。
こたつ
こたつ
あみか!!
タロー社長
タロー社長
無事!?
草むらからこたつ、タロ社が姿を表した。
あみか
あみか
こ、こたつく〜んっ!!(´TωT`)
こたつ
こたつ
おぉっ!どうした!怪我したんか!? 
何があったんや!?
思わずこたつに抱きつくあみか。
その様子に慌てて状態を確認する
タロー社長
タロー社長
こたつ、とりあえずお前も落ち着け。
あみか、ゆっくりでええから何があったか教えてくれるか?
あみか
あみか
うん……。あのね、朝にママに頼まれて薬草摘みに来てたの。その時にモンスターの集団に囲まれちゃって…
こたつ
こたつ
モンスターの集団ってもしかしてママさんが言ってた?
あみか
あみか
うん。多分。
でね、この人とその仲間の人達が助けに入ってくれたんだけど、あみか、手下のモンスターに捕まっちゃって…。すぐに仲間の人達が助けてくれたんだけどその人が代わりに捕まってつれて行かれちゃったの。なんとかこの人とここまで逃げて来たんだけど途中で倒れちゃって…
事情を聞いたこたつは、助けてくれたのであろう人物の所に駆け寄り、状態を確認する。 
紫のローブを身に纏い、手には杖持った同じ歳くらいの女性だった。格好からみて魔術師といったところだろうか。
顔色も伺うが、手当てはあらかた、あみかがしていたので今は眠っているだけみたいだ。
こたつ
こたつ
…ん。眠ってるだけみたいやな。タロ社!
タロー社長
タロー社長
今やってる!…ヨイショ。
腰にあるポーチから筒状のアイテムを出し空に向け、そこから伸びる紐を引っ張る。
すると小さな花火が上空に上がった。
タロー社長
タロー社長
よし、これで直ぐに向かえが来るから!
こたつ
こたつ
とりあえず、この人とあみかは応援が来しだい村に帰ってもらう。いいな?あみか。
あみか
あみか
う、うん…。こたつくん達は?
タロー社長
タロー社長
もっちろん、捕まった仲間を助けに行くよ!どっちに行ったとか分かる?
タロ社は先程、あみかママから借りた地図を広げてあみかに言った。
あみか
あみか
えっと……、あ、多分こっちの方やと思う!
後、捕まった時にそのモンスターが、洞穴がどうの〜って言ってた!だから多分なんですけど洞窟か、岩場の洞穴の方にいるかも!
こたつ
こたつ
なるほどな、分かったそれだけ情報があれば充分や、よぉ頑張ったな!ありがとうな!
あみか
あみか
えへへ…(ˆ꒳ˆ)
タロー社長
タロー社長
おーい(笑)イチャイチャするなー(笑) 
……って、お。ほら!あみか、お迎えや!
門番
門番
おーーい!大丈夫かぁーー!
村から来た応援の者に事情を話し、あみかと女性を預けて見送った後。
こたつ、タロ社の2人はあみかの代わりに捕まった仲間がいるであろう岩場の洞窟に足を向けた。