無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

クリスマスデート
満里奈
やっぱこのネックレス可愛い~♥
千晴
クリスマス限定のだっけ?
ピンクゴールドのハートモチーフか
真ん中の石はピンクトパーズ、うん、いいね
満里奈によく似合っているよ
満里奈
じゃあ、ペアでつけよ?
千晴
いやぁ、私には似合わないから…
満里奈
千晴の好みじゃないもんね
残念だな
千晴
ペアでクリスマスプレゼント買うならさ、あっちの方が…
満里奈
リング?素敵!
でも、職場に付けていったら冷やかされちゃうかな
千晴
確かに
変な詮索されたくないしな
じゃあさ、これにしない?
満里奈
ピンキーリング?
千晴
そう、これなら怪しまれない
これが私たちの恋人リングってことで
満里奈
いいね!
あ、下に小さなジルコンが付いたやつ、綺麗だな
千晴
よし、それにしよう!
早速、付けていこうな
───────────────────────
満里奈
イルミネーション、綺麗だね~♥
千晴
本当だ
冬は寒いけど、こういうイベントがあるからテンション上がるよな
満里奈
ふふっ
千晴
満里奈、手袋外して、どうしたの?
満里奈
さっき買ったピンキーリング
ほら、イルミネーションの光に翳すと、キラキラして綺麗だよ
千晴
…今の満里奈の笑顔の方が、綺麗だったけど
満里奈
えっ!
千晴
私もやってみよっと
うん、恋人の証!
千晴
…満里奈
満里奈
なぁに?
千晴
手、繋いでもいい?
満里奈
誰かに見られちゃうよ
千晴
みんなイルミネーション見てるし、大丈夫だよ
ほら
満里奈
(あ、指輪を付けた左手同士を重ねられた!)
満里奈
…あったかい
千晴
だな
満里奈
(来年のクリスマスも、二人でイルミネーションを見に行けますように)